人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:駒ヶ根市 ( 1 ) タグの人気記事
駒ヶ根市 43歳 男性 オステオパシー カイロプラクティック 整体 ぎっくり腰・坐骨神経痛・オスグッド・膝痛

らいしん治療院 患者さんの声
駒ヶ根市 43歳 男性 ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛・オスグッド・膝の痛み
オステオパシー カイロプラクティック 整体治療を受けて


あけまして、おめでとうございます。
らいしん治療院さんにお世話になるきっかけはギックリ腰でした。
仕事の忙しさにかまけ、体を酷使し、寝不足もたたりと体の事を顧みずの結果と思います。
仕事内容は、4tトラックでの自動車部品の運搬(4時間ほどの往復)と荷物の積み下ろしです。忙しい時はからだを酷使していると感じます。

15年前にギックリ腰をして以来、痛くなり始めたら知り合いの整体院に行っていました。
6,7年前より仕事途中疲れてくると決まって左すね前のあたりが、痛く・だるくなっていました。以前の整体院では左坐骨神経痛と言われ、左足が若干短いことが原因と言われました。
確かにそのためか左右非対称の歩き方も自覚でき正直いやでした。
また、ごく稀に右ひざお皿の下の痛み30年ほど前からも慢性的にありました。(14,15歳当時、右膝の成長痛と言いますか?膝下の骨が浮き出た感じになり痛みを伴いました。整形外科では20歳になったら自然と治りますよと言われていましたが、、、)

らいしん治療院さんの治療はやさしく、痛みを感じないもので、心地よく寝てしまう事もありました(今までの治療は、治療の痛みに耐えながら治療を受けていましたが)。治療によりアシスタント付きでしたが仕事を休まず済みました。
3・4回の治療により、痛みもなくなりアシスタントの必要もなくなりました。また、坐骨神経痛と言われていた6,7年来の左すねの痛い・だるい倦怠感がスッキリとなくなりました。30年来の右ひざ下の痛みも今のところ感じなくなりました。

2011年本年もおろしくおねがいします。

院長より
仕事への強い責任感を感じさせてもらえます。体を使う仕事をされてますので、体の使い方や体のいたわり方を大事にしていただきたいと思います。
さて、ギックリ腰と本人は言っていましたが、いわゆるぎっくり腰は1・2回で治ります(良性・早期治癒可)。今回の場合は、同じ急性腰痛でも正確にはぎっくり腰(筋・筋膜性腰痛)とは違い、椎間板に負担がかかっていて、なおかつ悪性で治療回数がかかるものでした。
悪性と思わせることは、もともと左の腰が悪く、左の坐骨神経痛をかばっていたのでしょう。しかし、初診時は右の方が強い急性腰痛にもかかわらず、からだは右側に傾いていました。ふつうは痛みと反対側にからだは傾きかばう事をしますが、それができない状態になってしまっているのです。
治療はゆがみを取り除くことによって、年々衰えていくかばう力の回復・維持です。かばうところが多いままの状態での老化は避けたいものですね。

オスグッド
成長時、膝の筋肉の緊張が膝の骨を引っ張ってしまい痛みをだします。
膝の骨の出っ張り(骨の変形)が左右違ってしまっているようですが、変形していてもゆがみや緊張を取り除くことによってオスグッドの後遺症の痛みは消えました。
治療によって変形を治したわけではなく、そこにかかるゆがみや・緊張を取り除いた事によると思います。
痛みの原因はいろいろとあると思いますが、一つだけではなく、幾つかの原因が重なりあったときに痛みは出てきていると思います。
本来、不可逆的な変形があったとしても、そこを補える能力は備わっていると思います。そこを補う事が出来なくしているものにゆがみ・緊張があると思います。
by raishin_clinic | 2011-01-13 12:36 | 患者さんの声