人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:頸肩腕症候群 ( 3 ) タグの人気記事
寝苦しいと寝返りが増え、寝て起きて首肩の痛み、腕や手の痛み、痺れ 寝違え 頸椎ヘルニア、頚腕症候群と思われる症例
2018夏、涼しさが売りの長野県でも寝苦しい暑い夜が何日かありました。
今年の夏は、寝違え、首肩の痛み、肩甲骨の痛みを訴える患者さんが連日続きました。

寝苦しいと寝返りが増えます、
不本意ながら首に負担がかかる態勢で寝てしまうこともあると感じます。
また、枕が外れてしまい首に負担がかかってしまっていることもあり得ます。


軽いものであれば1-2回で良くなりますが
ひどい場合
頸椎ヘルニアと疑われる
首の痛み
肩の痛み
肩甲骨の痛み
腕の痛みや痺れ
手の痛み痺れ
が発生することもあり得ます。

過去



これから涼しくなってくると
寝やすくなることによって
寝すぎによって腰の痛みが発生することがあります。
動き始めは気を付けたいものです。




by raishin_clinic | 2018-08-15 04:54 | 不定期記
辰野町 45歳女性 頚肩腕症候群 首 肩甲骨の痛み 頭痛 めまい カイロプラクティック オステオパシー治療

らいしん治療院 患者さんの声※掲載には許可を得ております
辰野町 45歳女性 頚肩腕症候群首、肩甲骨、背中の痛み 頭痛 めまい 冬期の右腕の血の気のなくなる感じ カイロプラクティック オステオパシー 整体

3年前来院時
・首の痛み、ここ5-6年特に。痛みで夜、目が覚める時がある。
・肩甲間部(背中)の痛み、左は常に。
 ひどいと左肩甲骨、上腕、脇に痛みが及ぶこともある
・頭痛
・めまい 1回/3日 ぐらっと短時間数秒。ここ数年。
・冬期の右腕の血の気のなくなる感じ

患者さんの声
肩甲骨の左側が常に痛くやがて首や頭に痛みが来るほどでした。
また寝ている時でも頭が痛くなり、目が覚める事もありました。

そんな時に、知人にらいしんさんを紹介してもらいました。

実際に痛みのない施術を受けてみると、気持ちが良く、通っているうちに痛みが徐々に緩和され、気がつけば頻繁にあった頭痛や首の痛みがおさまっていました。
ここ数年では以前にあったあっちこっちの痛みが忘れてしまう程です。

今後は月1度の施術と自分でもストレッチを欠かせず、身体の調子をみていきたいと思います。

院長
定期的な施術を受けている方の中に
数年当たり前になっていた不調や痛みが、年齢を重ねるごとに軽減消失していくことが少なくなく、本来の体年齢、本来あるべき体の状態に近づく(体が若返る感覚)と感じさせてもらえる方は少なくありません。
年を取るごとに不調が増える、強くなる。当たり前になる
のではなく
年を取るごとに不調が軽減、消失し、当たり前になる以前の体に近づくことも起こりえます。

b0168743_16183665.jpg

by raishin_clinic | 2016-03-28 11:45 | 患者さんの声
箕輪町 61歳 男性 頚肩腕症候群 首・腕の痛み・だるさ・違和感 カイロプラクティック オステオパシー 整体

らいしん治療院 症例報告
箕輪町 61歳 男性 頚肩腕症候群(肩甲骨付近も含む) 右首の痛み 右腕の痛み・だるさ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療
※掲載には患者さんの許可を得ております

1週間前より右首の痛み 右腕の痛み・だるさが始まり急速に悪化

・右首の痛み
・右腕(上腕)の痛み・だるさ
・その痛みによる睡眠障害(睡眠時の痛み・だるさによる)
・姿勢の変化による症状の悪化
・運転中頭に手を持っていく(それが楽、過去にもそういう患者多々)

5日の間に2回の治療、痛みの改善。睡眠時(寝つきの悪さ・)のきつい感じの改善。しかし、だるさにより目が覚める(中途覚醒)は続く。

治療開始21日目(6回目の治療時)には腕(上腕・二の腕)のだるさが無くなり違和感へ。肘下にだるさを感じ始める。日常生活の支障がなくなり治療間隔をあける。その間も順調な改善。

前回後、2週間を開け治療開始40日目には首を動かした時、肩への違和感を感じる程度、日常生活・睡眠時の痛み・だるさの消失。


※頚肩腕症候群
首・肩(肩上部・肩関節)・肩甲骨・腕(上腕・前腕) 痺れ(しびれ)・痛み・だるさが主訴。
治療も痺れ(しびれ)→痛み→だるさ→違和感の順で改善されます。
そして、改善につれて感じる部位が変わっていきます。
今回は痺れはなかったのですが睡眠障害を引き起こすほどの重症でした。
違和感程度の緊張・ゆがみはかばうことができ、頚肩腕症候群経過の入り口として軽い症状は(からだにはその違和感・だるさを感じさせないように)かばうことを始めます。今回のように(痺れはなかったですが)かばうことが限界であれば痛み・だるさを引き起こし、徐々に症状の悪化・日常生活に支障をきたします。かばうことの限界を早めることに過去の衝撃・ゆがみの大いに関係します。しかし、症状が早く出たことで、今後の老化の加速を防ぐことを(患者・私)共感ができました。


過去に交通事故や肩関節痛が既往としてあったことを考えると、からだのかばう能力はいっぱいいっぱいの状態であり、ちょっとしたことに対応できない体の状態であったと感じます。

かばう能力(老化の余力)の改善はちょっとしたからだの動かし方・体操です。今後とも気をつけていただきたいと思います。
by raishin_clinic | 2012-03-10 00:50 | 症例報告