駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:頭のゆがみ ( 3 ) タグの人気記事
箕輪町 44歳 女性 右股関節の痛み 右臀部(お尻)下肢のしびれ 足首捻挫(ねんざ)後遺症

らいしん治療院 症例報告
(掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 44歳 女性 カイロプラクティック オステオパシー 整体治療 右股関節の痛み 右臀部(お尻)下肢・脚・足のしびれ 足首捻挫(ねんざ)

20年前から慢性的に腰痛。20年前(記憶に残るほどのもの)右足首ねんざ。

2週間前から立っていると・座っていると右股関節の痛み・右臀部(お尻)から腿(もも)の外側・膝下外側のしびれ。

足首のねんざ(捻挫)の後遺症による下腿のストレス・頭(頭蓋骨)のゆがみが強く噛み合わせにも大きな左右差が認められました。

足首ねんざの後遺症や頭蓋骨の治療・必要な個所の治療により、2回の治療で痛み・しびれの消失。
(しびれは厄介で、この方は2回で改善しましたが回数がかかる場合が多いいです)
疲れにくく、生理痛もきつくなかったようです。噛み合わせも以前より左右差が減ってきました。


以前にも同じように足首のねんざ(捻挫)から同じような症状の方がいました。(今は肉体労働の為定期的に疲れやゆがみを改善していて同様の症状発症には至っていません)

足首のねん挫から下腿に生じたストレスがいろいろな症状を引き起こす可能性があるかもしれません。足首の問題は容易に左右のバランスを崩し、骨盤・背骨・頭蓋骨に補正のゆがみを強いてしまいます。そのゆがみ・緊張からはいろいろな症状が引き起こされてしまいます。
by raishin_clinic | 2011-05-16 14:34 | 症例報告
カイロプラクティック オステオパシーの噛み合わせの問題、捉え方

ここのところ頭蓋骨の特殊な部分の調整が必要な患者が続く。

調整中に肩のしびれが出現。
(患者さんは、からだはばらばらの物ではなくつながっている事を体験し、理解してもらえる)

師匠の兵庫の治療仲間の先生の言葉が思い出される。なるほど!このことかと納得。

まあ、臨床経験から考えれば当然と言えば当然であるが。
by raishin_clinic | 2010-07-06 21:25 | 不定期記
頭のしめつけ。
最近、伸びてきた髪の毛をヘアーバンドからカチューシャへかえてみた。

当然、男物ではなく、女性の頭用、まともにかけると圧迫感が強い。

頭が気になる、頭の緊張を感じる。

カチューシャの先端の位置を調節して負担にならないところをさがす。
(自分で感じる範囲で気にならない許せる範囲をさがす)

楽である。

以前頭痛がない患者さんが急に頭痛を訴えたえた。

サンバイザーにたどり着いた事がありました。

頭(髪の毛を束ねる)のしめつけも、頭痛(からだ)に影響を出す。

ひとつ問題は、

自分の気にならない範囲でもからだに変化を及ぼす範囲の物がある事。

なかなか、これに気付く事が難しい。特に慢性症状。

強い力は違和感として感じやすいが、

当たり前となっている事や弱い力は違和感として感じにくい。

日常のちょっとした違和感を大事にしてみてください。

症状改善のヒントがあるかもしれません。
by raishin_clinic | 2009-11-12 00:19 | 不定期記