駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:自転車転倒後の痛み・歪み ( 2 ) タグの人気記事
箕輪町 高校 男性 テニス歴11年 自転車転倒後の痛み・歪み 肩関節痛 背中 腰の痛み カイロプラクティック

らいしん治療院 患者さんの声(母) ※掲載には許可を得ております
箕輪町 高校生 男性 テニス歴11年 スポーツケア 肩関節痛 背中の痛み 腰痛 カイロプラクティック 整体治療


 中学2年生の冬頃より肩 腰 背中など、どこかがいつも痛いような状態。
近くの接骨院、整形外科などそのたび受診、電気治療を繰り返すが、しばらくたつとまた痛む。中3夏以降は受験の為半年ほどテニスを休み、その間によくなるかなと思うも、3月末~4月の練習で、また同様な痛みになり、練習も試合も思うように出られず。あまりにくりかえすため、ネットで整体を検索していて来院。
1回目、過去何かの原因で2か所ゆがんだ背骨をまっすぐにしてもらい、他、1時間半ほど施術で、まっすぐ上がらなかった肩も、腰の痛みも楽に。1週間後も背骨のゆがみがもどらずに驚きました(正直なところ)。7、8割の程度でサーブも打てるようになり、練習や試合を休むことがなくなりました。
施術の詳細は分からないですが、一番うれしいのは、テニスに限らず日ごろの生活の中での関節の使い方や姿勢を教えてくださって、本人の意識が変わるようになったことです。
疲れがたまったり、大会前後で調整しながらかかっていきたいと思います。


b0168743_1332494.jpg



来院時
・右肩関節痛
・背中の痛み
・腰痛
・中学2年生冬に自転車で大転倒、熱が出て寝込む
 それくらいの時期から繰り返す故障


院長より
初診は問診、検査等で1時間半ぐらいでしたね。
自転車の転倒によって引き起こされたであろうゆがみが、いろいろな所へ痛みを引き起こしたのだと思われます。過去にも、このような学生の方いらして。治療により体をよい状態にして練習にうちこみ、試合欠場もなくなり、県代表になった方もいます。

一生懸命打ち込んでも、
体のゆがみが原因で痛みや故障を繰り返すケースもあり
からだのゆがみがパフォーマンス、能力を下げていることがあるように感じます。

休む
練習不足を
オーバーワークでカバーしようと
痛み
怪我
悪循環に落ちってしまいます。

 高校1年の昨年時は痛みのため棄権した試合もあったと聞きます。
痛みのため練習を控えていての高校2年の4/1から治療開始して
5月の試合 ジュニア・インターハイと県大会にコマを進められ、
治療のかいがあったかとおもいます。
 県大会ベストが出せますように、また集大成である高校3年生に向けてベストの状態にできるといいと思います。
by raishin_clinic | 2015-05-21 20:35 | 患者さんの声
オステオパシーとは
「オステオパシー」とは、アメリカのアンドリュー・テーラー・スティル医師(1828〜1917)が薬剤による治療に疑問を感じ、体に備わっている自然治癒力、自己治癒能力を最大限に発揮できる治療法を研究し医療体系として確立したものです。
この治療法が考えられたのは、医師でありながら、スティル自身が我が子を流行病でなくしてしまったことから、西洋医学(未発達ではありましたが)の進むべき方向に歩みを一つにできなかったという背景があります。
この西洋医学(投薬治療など)に疑問を感じたスティルはまず、体を観察した際に発見しやすい筋骨格の異常(外見、姿勢、筋肉の異常な緊張)を解決する事に取り組みました。それにより多器官(神経系、循環器系、内分泌系等々)の症状の改善がみられたのです。これにより、健康をもたらすには筋骨格系の改善・治療が有用であることを確信し、体が本来持っている治る能力、健康であろうとする能力を引き出す事に手応えを感じました。そして1874年、「オステオパシー」として世の中に発表されました。この「オステオパシー」という言葉は、「骨」を意味するオステオと「病理」を意味するパソスを組み合わせた造語で“骨や関節の持っている機能を十分に機能させる”治療法であることを意味します。

この発表から130年以上経った現在は、骨や関節の治療にとどまらず、筋肉、内蔵、脳脊髄液等々長年の経験、研究研鑽により多くの治療法が確立されています。まだまだ日本では認知度の低い治療法ですが、海外では一般的で広く知られています。アメリカでは年間5千万人の方々がその恩恵を受けていると言われていいます。また、ヨーロッパでも自転車プロロードレース“ツール・ド・フランス”の選手の治療に取り入れられるなど、スポーツ選手のコンディショニングやリハビリなどにも利用されている治療法です。

当院はこの「オステオパシー」という治療法を中心に、ごくごく弱い刺激で体を変化させる治療技術を用いるため、お子さまからご年配の方まで安心して受けていただくことができます。
瞬間的な刺激や強い力、特に背骨をボキボキするような治療はいたしません。(強い刺激を求める方はご遠慮ください。)
あくまで弱い力で体に働きかけ、体が自ら変化する事を目的にしております。

by raishin_clinic | 2009-04-24 14:06 | らいしん治療院について