人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:脊柱管狭窄症 ( 3 ) タグの人気記事
歩くと痛い痺れ しゃがむと、休むと治まる 腰 脚の付け根 腿 膝 くるぶしの痛みしびれ 歩行障害 間欠性跛行
男性 患者さんの声 らいしん治療院(掲載には患者さんの許可を得ております)

○症状、
(患者さんの訴え、メモ記載まま)
・左腰から 左太腿も痛みしびれ、歩くのが辛い、休むと少しは歩ける。
・右前かがみで歩くと幾らか楽に?寝床に入って、寝返りが痛くて、
 脊柱管狭窄症?

○検査問診事項
・来院2週間前から歩き始めると痛み痺れが出る
・仰向き(上向き)寝で腿の痛みしびれ右下で寝ると楽
・イスに座ると左外腿の痛み痺れが消える
・イスに座った状態で丸くなったり、体を起こしてもらうと下肢への痛み痺れの変化が認められた
・間欠性跛行を呈している
 脊柱からの神経問題かもしれない

○間欠性跛行とは
歩き始め、最初は歩けるが、歩いてるうちに辛くなる
休息すると症状が軽減される
・血管性
・神経性
 に大別されます
・血管性は歩行を中止して休息すると症状の軽減
 自転車こぎは続けられない
・神経性は歩行を中止して、しゃがんだり、丸くなると症状の軽減
 自転車こぎは続けられる(丸くなった姿勢のままであれば)


○患者さんの声
椎間板ヘルニア手術退院後、2か月足らずで後に転倒して脊椎圧迫骨折する。
コルセット着用し、その後、保存治療に普段の生活は、腰の痛みが生じれば休憩する。
圧迫骨折してから一年、普段の生活も何とか生活はできていたが、腰に違和感?
2~3日したら、完全に腰の痛み、歩くのも10メートル、少し休むと楽に?歩き始めると痛みが、前かがみになるといくらか楽に。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■治療を選ぶ。
一週間過ぎても、いくらも歩けない。
以前から気になっていた治療医をネットで検索、同じ病状の人がコメント出していた、コメントを読んで幾らか気持ちが和らいだ。
らいしん治療医に相談と治療に入る、少しでも、歩けるようになればと願うことだった。
治療中、寝返りも一苦労するありさまで、情けなくなる。
治療3回目前あたりから、歩きたいと言う気持ちが強くなって、恐る恐る近場を歩いてみた、心の中では無理禁物と思い。
治療6回目、今は、女房と一時間ばかし歩く日課となった。



b0168743_10453811.jpg



by raishin_clinic | 2018-12-12 10:56 | 患者さんの声
辰野町 74歳 女性 臀部(お尻・仙骨部) 脛(すね) 踝(くるぶし)痛み・痺れ(しびれ) 坐骨神経痛 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声(掲載には患者さんの許可を得ております)
カイロプラクティック オステオパシー治療
辰野町 74歳 女性 臀部(お尻・仙骨部) 脛(すね) 踝(くるぶし)痛み・痺れ(しびれ) 脊柱管狭窄による坐骨神経痛

H27 2月来院時
・H23 右股関節を手術
・H26 4月ぐらいから徐々に始まる
・体を起こして立っていられない(まっすぐ伸びない)
 ので、一人での来院が危ないとのことでご主人と一緒に来院
・寝て過ごしていることが多かった
・日常最低限の生活範囲で動いていた
・前傾姿勢、立てない(まっすぐ延びない)歩けない 
 歩いていると痛み・痺れが強くなる。
 休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)
 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛・前傾姿勢・間欠性跛行だと思われます
・仰向き寝で左もも裏が張ってきて横向きねになる
・イスで体を起こして座ると臀部の痛み・痺れ 丸くなって座る
・腰椎3/4の脊柱管の狭窄
 (MRIの写真のコピーを見させていただきました)


b0168743_9305729.jpg



坐骨神経痛と整形外科の診断でした。
ひたすら痛み止め薬を飲み、静かにしていましたが 良い方向にならず、突然痛みが深くなり、背をのばせず友達に聞き、らい診に参りました。最初は玄関を出ると元に戻りなかなか治りません。その内少しの道を歩いて、片道はよくなりましたが、帰りが痛くて。今6ヶ月診ていただき、そこそこの道も歩ける様になり、昨日も畑に出て股関節が痛くなりました。いつも風呂に入ると治りましたが駄目でした。教えていただいた、腰をまっすぐにする姿勢を繰り返しやっと治りました。台所に立っても、すぐ座すことなく、長時間良くなり、時に治療していることも忘れて生活できる様になり、本当に感謝で一杯です。

治療経過
・1回目の施術後から体を起こせるようになりはじめ、
・治療開始2か月 6回目には座時の痛み痺れの消失。少しづつ長く歩き始める
・治療開始3か月弱 8回目長く歩いても痛みがでなくなってきはじめる
・治療開始5か月 15回目長く歩くと疲れる程度になってきた
・治療開始6か月 ほぼ、日常生活が支障なく送れるようになってきて、
・治療開始7か月弱で 長く、早く歩くようにし始めているとのこと
by raishin_clinic | 2015-10-15 09:36 | 患者さんの声
箕輪町 65歳 女性 腰部 鼠径部 尻 腿 脛の張り・痛み 間欠性跛行 カイロプラクティック オステオパシー

 患者さんの声(掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 65歳 女性 腰部 鼠径(ソケイ)部 お尻 腿 脛(スネ)の張り・痛み 間欠性跛行 手の痺れ めまい カイロプラクティック オステオパシー

 私がらいしん治療院さんにお世話になったのは、左側の下半身の違和感でした。どこが特に痛いとは決まってはいないけれど、あちこちがつっぱる感じで、もう年だからと思っていましたが、始めのうちは週に2回ぐらいに通院させていただき、先生が少しずつ間をあけてみましょうと1週間に1度、2週間に1度となり、約2ヶ月知らず知らずのうちに違和感がなくなり、今では横向きになると左足が、とても痛かったのにいつの間にか全然痛みもなく自然に横向きができる様になりました。
 仕事柄6時間以上立ちっぱなしで、コンクリートの上なので冷えたりして夏でも下半身は冬の格好をしています。仕事の帰りも徒歩30分位ですが、違和感のあった時は途中2〜3回休まないと足が進まない状態でしたが、お陰様でいつの間にか休むことなく帰宅できるようになりました。先生から受けたアドバイスをしっかり守っています。様子を見しながら定期的にお世話になろうと思っております。
 本当にありがとうございました。


・一昨年〜去年に右側に同様の症状があった。
・間欠性跛行(休まないと歩行の継続ができない、脊柱管狭窄症や別の疾患でも生じる)
MRIの進歩で脊柱管狭窄症と言われる人は増えているように感じます。
医者に宣告されていても、実際に間欠性跛行を伴っている脊柱管狭窄症は少ないように感じます。
・左腰 鼠径(ソケイ)部 臀部(デンブ)の張り感で寝れない時がある。
・入眠しづらい、痛み、張り感で目が覚め、最近は殆ど寝れていない。
・仕事中に上を向いての作業でめまいが時々出現
・2〜3年前から右手のしびれ起床時あるときある
・繰り返す顎の痛み

 治療開始から徐々に症状が改善していき
6回目以降、治療7・8回目(治療開始1ヶ月半〜2ヶ月)のときには上記症状の消失。


同じ症状を繰り返し、左右に出現する傾向、腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行
放っておいて進行すると痺れを引き起こす脊柱管狭窄症になってしまう可能性があり、そうなってしまうと厄介です。
 また、手の痺れや上向きの作業で出現するめまいは頚椎症によって引き起こされる症状です。仕事やストレッチ、体の動かし方等気をつけて老化を加速させない・必要以上に自分で老化させない
気をつけていただきたいと思います。
by raishin_clinic | 2013-08-19 13:14 | 患者さんの声