人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:水の飲み方 ( 2 ) タグの人気記事
【けんこう通信】Vol.09:年末年始にご用心
今年もいよいよ残りわずか。何かと気ぜわしい年末です。
クリスマスや忘年会新年会、年末年始等イベントの多い季節でからだに負担がかかる時期です。
実際に体調を崩す患者さんが過去多かったように感じます。
暴飲暴食による内臓の疲労感、内臓疲労による自己治癒能力の低下、ゆがみの促進。

寒さによって筋肉や関節が硬くなりやすく、慣れない動きや不意な動作に首や腰を傷めたり注意が必要です。(大掃除などで重い物を持ったり、変な(無理な)体勢等)。
寒さや体重増加は、今まで持っていた症状や痛みを強くする事があります。
防寒や体重維持も心がけましょう。(多少の体重増加程度ならば体は耐えられますが、ゆがみが限界状態ですと多少の体重増加も負担になり痛みや症状に結びついてきます。)

暴飲暴食、、、いくつかの意味合いが含まれます。
1、一度に多くの量の飲食
どうしても宴会の席で控える事は難しいと思います。
そういった日は特別にしておいて、普段の日を少し気をつけましょう。
血中の過剰な栄養分は血液の密度を増してしまいます。
いわゆる“ドロドロ”といわれてるものです。
そう言う状態が慢性的になると、
a,本来の血液中の白血球や赤血球その他成分の働きが悪くなります。また、血管や毛細血管の働きも悪くなり、また負担もかかります。自己治癒力の低下、糖尿病、高血圧。

b,過剰な栄養分は脂肪の形で体に貯蓄されてしまいます。

2、よく噛まずに食べてしまう
消化にはエネルギーが使われます。
よく噛む事により、以下がなされ内臓の負担を減らす事が出来ます。
食べ物が唾液と混ざる(科学的消化)
食べ物が細かく砕かれる(物理的消化)

消化に時間がかかることは良くありません。

3、食事の時間
過去のけんこう通信をご覧ください。
けんこう通信vol.3

食事の時間になったら無理矢理食べている事はありませんか?
内臓の疲労感があったら、無理に食べる必要はなく一食抜いても良いと思います。
又は軽めの(消化しやすい)物にしても良いと思います。
朝は食べたくない人もいると思いますが就寝前に気をつけると、朝から食べたい感じも出て来ます。

4、多くの刺激物、添加物の摂取
食品の中には食品の安定の為にいろいろな化学物質、添加物が含まれています。
また、必要以上の調味料や香辛料も体には負担になってしまいます。
排泄を促すには水を心がけ摂取してください。
過去のけんこう通信をご覧ください。
けんこう通信vol.2
水は刺激物や溶質を含まず、老廃物を溶かし込むキャパシティーが大きい。
体を傷めずに、いらない物を排泄しやすい飲み物と言う事になります。




by raishin_clinic | 2009-11-25 12:08 | けんこう通信
【けんこう通信】Vol.02:春から初夏、水の摂り方
生命の息吹を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
これから気温は上昇し、暑い!と感じる日が増えてきます。
そうなると冷たい飲み物を摂取する機会も増えてくると思います。
そんなこの時期には、足のだるさを訴える患者さんが多くいらっしゃいますが、その原因の一つとして水分の代謝がうまく行われていない場合があります。
これまでの季節は、体液調整の多くを腎臓が担ってきたのに対し、これからの季節は発汗の担う役割が増えてきます。そのため“体内の変動の季節”とも言えるのです。
人体は老廃物や化学物質を汗や尿、便として体外に排出しますが、そのときに必要なのが水分です。この際に水分の代謝がうまく行われないと、不要な老廃物や科学物質を正常に体外に排出することができず、上記のように足のだるさなど、体調に影響を与える原因となってしまうのです。

今回はその水の代謝を促す方法の一つとして、
効率の良い水の飲み方をご紹介したいと思います。
(ここではお茶・ジュース・コーヒー・牛乳などの飲料ではなく、水を指します。)

1)温度について
体内を冷やして内臓の代謝を落とす事はおすすめできませんので、常温が理想的です。
もし寒い日であれば少しお湯を足します。
冷水の場合は、口に含み少し温めるようにしましょう。

2)頻度について
実は、一度にたくさん飲んでも吸収されません。
30分〜1時間でひと口、ふた口程度の頻度で飲むと、無理なく効率よく摂ることができます。

3)量について
1日に1.5〜2リットルの量が目安です。
特に脱水ぎみになりやすい時(就寝、入浴)の前後には、コップ一杯(150〜200cc)程度飲むと効果的です。
ただし、季節・年齢・体重・仕事などにより異なりますので、摂取量はあくまで目安です。無理して飲む必要はありません。2リットルを飲むというのは意外と多く感じられるかもしれませんが、何もしなくても1日1リットル 程度は呼吸や皮膚から失われているのです。

以上、水の飲み方を3つのポイントでまとめてみました。ご参考になれば幸いです。
のどの乾きを感じたときには水分が失われ始めていると言われており、脱水気味になると、脳梗塞やエコノミー症候群になりやすくなりますので、こまめな給水を心がけてください。

※医師に水分制限や食事の指導を受けている方は、医師への相談が必要になりますので、ご注意ください。


b0168743_16422253.jpg
現在、この「けんこう通信」が掲載されている「月刊かみいな」5月号が配布中です。
「月刊かみいな」5月号の巻末にはクーポンもありますので、こちらもぜひご利用ください。
by raishin_clinic | 2009-04-22 13:44 | けんこう通信