駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:伊那市 ( 3 ) タグの人気記事
伊那市 29歳 男性 むち打ち 頭痛 首 背中 腰の痛み オステオパシー カイロプラクティック 整体治療
らいしん治療院 症例報告(※掲載には患者さんの許可を得ております。)
伊那市 29歳 男性 むちうち 頭痛 首 背中 腰の痛み オステオパシー カイロプラクティック 整体治療


仕事中、頭頂部を強打し・転倒して腰と後頭部を打つ。ぶつけた当日はぶつけた所が痛かったが、翌日の仕事中から激しい頭痛 腰も痛み出し病院へ。レントゲン・CT検査異常は見つからず。
医師には2日でよくなると言われ、打撲のように扱われる。
症状がなかなか快方に向かわず、1週間後に再び病院へ。CT検査異常見つからず。

当院へ来院。
・頭をぶつけ1週間の間に2回CTを取りたくなるほどの頭痛

・じっとしていても背中 腰の痛み。
・骨に沿って頚(首)と背中の痛み
・咳で腰の痛みの増強
・朝 痛み(頭 首 背中 腰)のために起きられないこともある。動けない、寝ていたい。

上記症状やからだの緊張・ゆがみが強く、短い治療間隔で治療開始。
治療開始17日の間に6回の治療
首 背中 腰の痛みはなくなる。起床時に・天気の悪い日に頭痛。
治療開始30日の間に10回の治療。
天気の悪い朝に頭の痛みの消失。重い感じが出るのみ。
治療開始40日の間に12回の治療。
50日目には、たまに頭が重い時もあるが、しんどいと感じることはなく12日ほど過ごすことができるようになってきた。治療間隔をあけて様子を見てもらうように移行。
3ヶ月経ち、1度軽い頭痛があっただけで、台風・天気には影響されていない。

さて、

そんなことで?と思うような事でも、打ちどころが悪いと大変なことになります。交通事故ではこのような症状をきたすケースは少なくありません。しかし、直接頭を強く打つという事は、車に乗っている事故より外壁がない分からだに直接衝撃が入ります。
中学校から授業で武道(柔道)が必修になります。今まで年に数人は柔道の授業・部活で亡くなってしまいます。打ちどころが悪かったという事になります。数件の死亡事故があればその背景には死亡事故にまでにもならないまでも、このようなケースはかなりの数に上ることでしょう。(ハインリッヒの法則の観点から想像に難くありません)そして、その症状の辛さは周りの人たちには理解されにくいのが現実です。痛みがあるが、レントゲン・CT・MRI等検査で問題が見つからないことが多いからです。(骨折や外傷であれば目に見てわかり理解されやすですよね)

検査で問題が見つからなくても確実にからだに不調をきたす原因に
“そんなことで?”
と思われる程度のものが存在するという事です。


最近医師は、やっと、熱意ある医師によって脳脊髄液減少症と言う診断を認識してできるようになってきました。

今回は、それではないですが、このようなケースも熱意ある医師により科学的、医学的に証明し、周知に理解される時が来てほしいものです。


そして、
周囲の無理解な対応はストレスになってしまう事もあります。


※私は柔道は良くないという立場ではございません。
by raishin_clinic | 2012-07-25 13:21 | 症例報告
伊那市 女性 48歳 カイロプラクティック オステオパシー 繰り返す腰痛・ギックリ腰 首の痛み 噛み合わせ

らいしん治療院 患者さんの声

伊那市 女性 48歳 カイロプラクティック オステオパシー 繰り返す腰痛・ぎっくり腰 首の痛み などなど など

 私はそれまでの徒歩通勤を止めて車通勤を始めると、運動不足からか?腰痛・首の痛みなどに悩まされるようになりました。

 ひどい痛みの時に、近所の整体院に通うとその時は治るのですが、中腰の作業などをするとまたすぐに腰痛があり、それが何日も治らなかったり、ひどくなるとぎっくり腰になる・・・
これの繰り返しでした。そのうちに
“背骨”
もずれているような気がしてきて
“対症療法ではだめかも?”
と思い、あちこち治療院などを探して、こちらにたどり着きました。
 以前通った整体院のように体をバキバキとする、こわい治療方法ではないので私はそれもとてもよかったです。
 最近通うのは月に1回ぐらいのペースですが、治療の後は
“体が軽くなる”
ような感じがして、行くたびに体の調子が良くなっていくのがわかります。なかなか治らなかった腰痛も、たまに痛くても以前のように続かず次の日には治るようになりましたし、中腰での作業をしてもあまり腰痛がおきなくなりました。
 そのほかにも首や肩・股関節なども今までよりスムーズに動くようになり、頭痛や肩こりも減ってきました。
勘違いから
“背骨”
が気になりこちらを訪れたわけですが、らいしん治療院と出会えてほんとうによかったです。


院長より
勘違い(笑)まあ患者さんは結果と原因はなかなかわからないものです。
過去に交通事故あったり。歩行時の許容範囲外の左右差・噛み合わせ・重心問題・膝痛・股関節痛・外反母趾痛等々いろいろと症状・問題がありましたが、消失・軽減に向かっています。本来のからだの状態を取り戻しつつあります。
からだ年齢の方が実年齢よりはるかに先に行ってしまっている人が圧倒的に多いいです。
治療を積み重ねた結果、からだ年齢を下げること(本来の状態に近付ける)ができたかと思います。良い状態で年齢を重ねていってもらいたいものです。
by raishin_clinic | 2011-09-29 16:04 | 患者さんの声
伊那市 女性 50代 カイロプラクティック オステオパシー 整体 腰痛 脚・足のしびれ 坐骨神経痛 噛み合わせ

らいしん治療院 症例報告
伊那市 女性 50代 カイロプラクティック オステオパシー 整体治療
右腰痛 首の痛み 肩こり 背中の痛み 左脚・左足の痺れ(しびれ)噛み合わせ(咬み合せ)問題 首・肩の痛みなどなどなどなど。

*掲載には患者さんの許可を得ております。

主訴は
右腰痛(30年来)、

左脚・左足のしびれ(ここ数年)の悪化(最近)

2~3年前から特殊な症状の出現(MRI・CT問題は見られなかったようです)

ここ最近になって各症状の悪化・範囲の拡大。
自己治癒能力がうまく発揮されていない状態です。

問診や検査をしたところ
腑に落ちないところ・違和感を感じ、
噛み合わせ(咬み合わせ)の事を尋ねました。
6~7年前に虫歯の治療後から噛み合わせがうまくいかなくなってしまったようです。
(右側ばかり当たってしまう、食事中にギイギイ音がする)
それ以来、
歯の治療を受けているようでしたが芳しくなかったようです。

患者さんは歯の問題は歯医者と当然思っています。
ので
こちらが聞かない限りは言ってきませんが、
この方の場合
噛み合わせが2~3年前からの特殊な症状の原因であること、多岐にわたる症状の複雑化
また
自己治癒力を低下させている原因の一つに感じました。

頭蓋骨の調整・からだ全体の治療を終えて噛み合わせの改善。

左右両方で噛めるようになってきました。

腰痛首肩背中の痛みの消失・軽減(しびれは時間・回数が必要です)

珍しい事であありませんが、

ゆがみによって噛み合わせが狂わされているケースもあります。
また、
噛み合わせによっていろいろな症状の誘発・症状の複雑化が引き起こされていることもあります。

日常生活の注意点が多々。


3回の治療を終え、
食事中のギイギイ音がする噛み合わせの不具合の改善・消失・安定傾向。
腰から上の症状の消失。
特殊な症状は冬にならないとわからないので。。。
下肢の症状は改善しつつあるが、まだしばらくかかりそう。
by raishin_clinic | 2011-03-29 21:22 | 症例報告