駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:交通事故の後遺症 ( 8 ) タグの人気記事
佐久市 男性 79歳 交通事故後遺症 むちうち(頸椎捻挫) 首肩の痛み 腕の痛み 腰痛 交通事故治療
らいしん治療院 症例報告 ※(掲載には患者さんの許可を得ております)

佐久市 男性 79歳 交通事故後遺症 むちうち(頸椎捻挫) 首肩の痛み 腕の痛み 腰痛 尻の痛み 交通事故治療

・交通事故追突・玉突き事故(真ん中)から10ヶ月
・初診時
じっと立っていることができず、(本人気付いていませんでした)
左によじける感覚があるため右手でポールにつかまっていたい とのこと
(痛みのためにじっと立っていることができない方は多々いますが、この方は無意識のうちに重心が左に許容範囲外に外れすぎています)

b0168743_1054977.jpg




初診治療後からポールを持ちたい感覚の消失
(重心の位置が許容範囲内に収まってきてくれました)
首肩腕腰の症状の軽減
1週間の間隔で治療

4回目の受診時には上記症状の解消



以降2週間3週間を開けて様子を見てもらうが
受診時の症状や、一進一退の状態がなくなる

b0168743_1042930.jpg

by raishin_clinic | 2014-10-17 10:29 | 症例報告 | Comments(0)
箕輪町 46歳 女性 頭痛 めまい 首の痛み 腰の痛み 交通事故 カイロプラクティック オステオパシー 治療
患者さんの声
箕輪町 46歳 女性 頭痛 めまい 首の痛み 腰の痛み 交通事故 カイロプラクティック オステオパシー 治療
※(掲載に了承を得ております)

 転勤にて、引っ越しを続ける私共にとっては新しい地での治療院探しは大変なことです。今回は良い先生、信頼出来る先生にめぐり合う事が出来まして、らいしん先生には感謝しております。
 少しでも不安を感じることには、詳しい説明をして下さったたり身体の違和感には、納得いくまで丁寧に対応してくださいます。
 こちらへ伺うきっかけになったのは自動車事故でしたが、、それはすぐに回復いたしました。ですが、常日頃身体のケアをお願いしています。こちらに伺ってしばらくは、大変楽に身体が動きますが、2ヶ月程して、いつもと違う・・・と感じるので、すぐお電話して伺います。もちろん、元通りになります。
 気付けば頭痛など、仕方のないことかと思っておりましたのに。それも、いつ痛んだのか覚えていない程です。
 これからも、らいしん先生にお世話になります。
 よろしくお願い致します。

b0168743_204415100.jpg



平成24 12月来院時
・めまい (グルグル回る 3日ほど寝込む) ここ1年間に2回繰り返す。
・頭痛   2~3回/1ヶ月 生理前 天気が崩れる前 いつからかわからないほど昔から

昨日、車をバックでぶつけた後から右の首 右の腰の痛み

交通事故
平成5  交通事故でくも膜下出血 
平成18 車同士 左方から突
平成24 3月に追突された

平成25.12月 来院してちょうど1年がたち
患者さんは最近は変だなと感じるところで来院しています。

腰・首の痛み2回の治療で消失。

以前の寝込んで病むという状態の頭痛・繰り返すめまいは発生していない
2~3回/1ヶ月あった頭痛もいつが最後かわからなくなる

過去受けた交通事故の衝撃は容易に
・首の痛み
・めまい
・頭痛を引き起こします
これから寒くなってきて、凍結した路面で滑って転ぶ等、気をつけていただきたい。
by raishin_clinic | 2013-12-15 18:47 | 患者さんの声
仰向(あおむ)き寝 横向き寝(積極的・消極的) 寒さと横向き寝

1年半ぶりの患者さんがみえました。
5年ほど前交通事故後に右首の痛み・肩こりと偏頭痛が発生し、3年ほど定期的に接骨院でマッサージを受けていた方です。ある時、接骨院で顎(あご)の矯正を受けた後から首が痛みで動かなくなってしまった患者さんです。縁あって当院へ来院。その時は1・2回程の治療で発生していた首の痛みはなくなりました。一応念のための3回目の治療を最後に、その後1年半の間は交通事故後の首の痛み・肩こり・偏頭痛もなかったようです。そして、交通事故後からは横向き寝でしか寝ることができなかったのが、仰向きでも寝られるようになたとのことです。

このようにからだの緊張・ゆがみを改善すると、症状の軽減・消失とともに仰向けに寝られるようになったり、寝つきがよくなるケースが少なくありません。ある程度からだの緊張・ゆがみがない状態では仰向きにも寝ること、適度に寝がえりをうつことができると考えています。

からだの状態が良ければ、
仰向きでも寝られるし横向きでも寝られる(積極的横向き寝)
からだの状態が悪ければ、
仰向きでは寝られず、横向きでしか寝られない(消極的横向き寝)
と捉えております。


横向き寝と仰向き寝をくらべると横向き寝の方がからだには負担が少ないように感じ捉えております(絶対ではありません,その人のその時からだの状態が反映されますがそのように感じるケースが多い)というのは、仰向きで寝た時に感覚に及ばない(自覚できない)寝苦しさ・違和感・不快感をからだが感じた時、からだの本能・欲求によってできるだけその感覚を減らすために横向きになるのではないかと思うからです。当然、仰向けの時に感じる(自覚できる)痛み等明確な寝苦しさ・違和感・不快感の場合は自分の意思で横向き寝になります。また、横向き寝の方がからだの治癒力が発動しやすいと、患者さんをその姿勢で治療する先生も知っています。

この方の場合は交通事故によりからだに緊張とゆがみが生じ、いろいろな症状が引き起こされていたと考えられます。そして、仰向き寝はからだに負担がかかり、仰向きで寝るより横向きで寝ていたい欲求に従っていたと思います。

さて

最近寒さが厳しくなってきました。
寒くなってくると横向きになって丸くなって寝る時間が増えます。
寒く感じた時(入眠・睡眠中)に、横向き寝になることは本能的な欲求・防御であると感じます。無理に仰向け寝で寝ることはからだの本能・欲求に逆らうと考えます。
横向き寝の時はある程度の高さの枕が必要になってきます。それは首に負担をかけないためです。(からだは知っていて、寝てる間でもその対応は無意識下で行っています。長くなるので割愛します)

仰向き寝でちょうどよい枕が必ずしも横向き寝でちょうど良いとは限りません。

寒さで横向き寝になる場合であれば対応として
1、始めから横向きで寝はじめる。ちょうど良い高さで寝始める。
2、仰向きで寝始める場合、横向きにちょうど良い枕を枕元に置いておく。※
で対応していただきたいと思います。

※2に関しては、寒くなくても横向き用の枕が枕元にあるのは良いことだと思っています。

【けんこう通信】Vol.10:冬用のからだとまくら。もご参照ください。
by raishin_clinic | 2012-01-17 22:18 | 不定期記
伊那市 女性 39歳 カイロプラクティック オステオパシー 交通事故 肩こり 運転・起床時手の痺れ(しびれ)

らいしん治療院 症例報告
伊那市 女性 39歳 カイロプラクティック オステオパシー 交通事故 肩こり 運転・起床時手の痺れ(しびれ)
※掲載には患者さんの許可を得ております。

39歳の若さで痺れ(しびれ)が出現するにはそれなりの理由があると思います。
過去2回の交通事故歴やスノーボードでの転倒があり、理由としては十分かもしれません。

交通事故や転倒の衝撃はむち打ちや背骨骨盤をゆがめる可能性があり、後々にそのゆがみがいろいろな症状を引き起こすと考えられます。

10~12年前の交通事故時には特に症状は出現しなかったようですが、
いつしか、首肩こりがひどくなると右手がしびれるようになってきたようです。
職場が変わり、2~3週間前から毎朝起床時に左右の手が痺れ(しびれ)始め、運転中は特に右手の中指・薬指が痺れ(しびれ)ていたようです。

1回目の治療の後、運転中の痺れはなくなりました。
2回目の治療の後は起床時の痺れはほとんどなくなり、たまに痺れても短時間で消失するようになってきました。

この方の場合順調に回復にむかっています。しかし、痺れは厄介で回数がかかります。

交通事故歴やスノーボードでの転倒の衝撃でからだがゆがめられ、その状態で、骨や筋肉・バランスを取る感覚は老化していきます。その状態を維持できなくなってくると後々になっていろいろな症状が出てくるわけです。
これから冬になってスリップ事故や転倒・スキー・スノーボード・スケート等気をつけていただきたい。また、そうなったときは早めの治療で、良い状態で年齢を重ねていただきたいと思います。
by raishin_clinic | 2011-11-23 12:41 | 症例報告
伊那市 女性 42歳 カイロプラクティック オステオパシー 鍼灸治療 交通事故のむちうち 首・肩の痛み・張り

らいしん治療院 症例報告
*掲載には患者さんの許可を得ております。

伊那市 女性 42歳 交通事故のむちうち・交通事故後の首肩の痛み張り
カイロプラクティック オステオパシー 鍼灸治療

12月末に車同士軽く接触。患者さんはそれほど強い衝撃と感じなかったようです。
3週間ほどたった1月20日ぐらいから左側の首・肩の張り感・つる感じが出てきたとのこと。
起床時に強く・髪の毛を乾かしている時・運転中のちょっとした動作で増強。
ドクターを受診し、レントゲンではむちうち・ストレートネックが原因とのことでした。

1月30日、久しぶりの来院

自覚症状としては上記の左側の首・肩に症状を訴えていました。

しかし、検査では右側の首・肩に痛み・張りの誘発がありました。(検査するまでは本人自覚ありませんでした・気づいていませんでした。)その痛みから逃げるためか?からだは左に強く傾いていました。そのための左側の首肩の自覚症状か?

患者さんはそれほど強い衝撃ではないと思っていましたが、からだに入った衝撃によるからだの変化は容易に感じ取れました。

交通事故(むちうち)や転倒・しりもち等の衝撃による症状は後々から出てくることがあり、患者さん本人も気にされていました。

3月10日の3回目の治療においての第一声は、

首・肩の訴えではなく
(事故後の首肩の症状は気にならなくなったとのことですが、要経過観察)
事故前から生じていた、もも内側の痛みでした。
(軽い肉離れ)
もも内側の症状も2回目治療後にだいぶ良くなったようですが、まだ本調子でないとのこと。


痛みや症状は、からだに起こっていることの警告であり、今回の症状改善のみならず、からだに入った衝撃・ゆがみ・緊張を改善したことは大きいと思います。
今後それを残し、痛みや緊張・衝撃をできるだけ感じさせないようにかばいながら老化していくのと、そうでないのでは大きな違いです。
by raishin_clinic | 2011-03-11 06:27 | 症例報告
【けんこう通信】Vol.23:交通事故の治療・鍼灸・オステオパシー・カイロプラクティック・自賠責保険(その2)

 バイクや自転車・歩行者の交通事故の場合、車と違い体の周りには守るものが無いため、骨折・うち身・靱帯断裂・内臓の損傷や即入院など大きな怪我を負ってしまいます。(当然、車同士でもありますが)このような経歴の患者さんは骨盤・背骨・首・頭蓋骨へ日常では生じないゆがみが確実に発生しています。
 また、スキー・スケート・スノーボード等の転倒・しりもちでも交通事故に匹敵する衝撃を受け、ゆがみ・緊張を作ることもあります。

 痛み・しびれ・不調が過去の交通事故・転倒・しりもち・むちうちから発生しているケースも少なくありません。
ご相談ください。
by raishin_clinic | 2011-01-25 21:41 | けんこう通信
スノーボード・スキー転倒・しりもち・むちうち後の体 肩・首の痛み・頭痛・めまい・腰痛・背中の痛みなど

らいしん治療院 症例報告
23歳男性 仕事中・座っているだけでの首・肩の痛み・しびれの訴えで来院

過去に数回の交通事故の経験がありました。この年齢でしびれを訴えるには相当の原因が考えられます。数回の交通事故経験はその原因としては十分です。4・5回ほどの治療によって体のゆがみ・緊張が軽減され症状も改善されました。

治療によって症状が改善してきたところ、今シーズンのスノーボード初滑りを楽しんだ後に3日ほど軽い首の痛みがありましたが、自然と痛みはなくなりました。痛みはなくなりましたが、スノーボード転倒によるからだへの緊張・ゆがみ(軽い痛みを引き起こした)は残ったままでした。からだには、衝撃やゆがみを許容し、かばう能力が存在します(これにより一時的に痛みを消すことができます)。これを放っておくと、後々からだの不調をきたします。交通事故と同じです。症状を引き起こす種(ゆがみ・緊張)が播かれてしまったわけです。何年か経って、そこを許容・かばいきれなくなってくると、そのゆがみ・緊張を増悪させるちょっとした負担が加わると、同じ症状が引き起こされてしまいます。

今回、幸いにも過去の(首・肩の痛み・しびれを引き起こしていた)歪み・緊張が解消されていたので、スノーボードによる転倒・しりもちの衝撃による症状の再発はなく、軽い首の痛みで済みました。

もし、この首・肩の痛み・しびれを引き起こしていた緊張・ゆがみを治療せず、それが残っていたまま転倒・しりもちを迎えていたら症状の悪化をきたして、症状改善にも治療回数・時間もかかっていたかもしれません。(かばって一時的に首の痛みを消すこともできないかもしれません)

からだには、“かばう能力”が存在します。痛み・痺れをできるだけ感じないような姿勢・動きをするようになってきます。(姿勢の偏り・傾き、動作の偏り)
痛みを感じないようにからだはかばいます。
痛みが消えても治っている訳ではなく、単にかばっているだけのこともあります。
かばうと言うことは姿勢や動かし方を歪ませることです。からだのあちこちに歪みがあると、かばう事ができません。かばう事が出来なくなってくると固めて安定を図ります(からだ・精神は安定を好むため)。


老化するという事は
かばう能力の減少ともいえます(骨や関節・じん帯を、時には背骨同士の骨化させ固めて安定させ)動かなく・動けなくなっていきます。
治療によって、定期的な歪み・緊張の解消によって、動ける状態をできるだけ保ったまま老化していくことが、若さを保つことができると考えています。

患者さんの声



by raishin_clinic | 2011-01-10 23:00 | 症例報告
辰野町 31歳女性 むち打ち.首 背中の痛み 手の痺れ 膝の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体

らいしん治療院 患者さんの声
 毎日長時間座り仕事をしたり、重い荷物を持って階段を何往復もする生活を長い間していたいたところ、首から左肩甲骨、左膝が痛むようになってしまいました。眠っていても背中の痛みで起きてしまう状態でした。それでも仕事を休むわけにはいかないとしばらく我慢していましたが悪化して、左手にしびれが出てしまい悩んでいたところ「らいしん治療院」のことを知り、通い始めました。

 治療を受けるまでは、以前むち打ち治療で他院で受けた痛みのある治療を思い出し不安でした。が、治療はとても心地よく、負担のかかっている部位を見つけて説明して頂きとても驚きました。治療を終えて座ってみるとからだが伸びたような感覚に感動しました。

 何回か治療を受けているうちに、毎年梅雨時に感じていた首の重さ、痛みがなくなっていました。今では月に一度のペースで治療に通っていますが、痛みが出た時に我慢せずにもっと早く治療に伺えばよっかったと思いました。


院長より
 交通事故後の後遺症、むち打ちはいろいろな症状を引き起こします。首には自律神経の大切な中枢が存在し、梅雨時や気圧の変化に伴い症状が悪化するケースが多々見受けられます。この方は若かったので一度の治療でほぼ改善しました。回復する力は年齢によっても左右されます。この方に限らず若い方へ
“鉄は熱いうちに打て”
若いうちはこれと同様に変化・回復する力が大きい時に、数回からだを治療して良い状態で年齢を重ねていって欲しいと思います。
by raishin_clinic | 2010-07-07 17:43 | 患者さんの声