人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
タグ:ストレートネック ( 2 ) タグの人気記事
宮田村 44歳 女性 頭痛 目の奥の痛み 首の痛み めまい カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

らいしん治療院 症例報告
宮田村 44歳 女性 めまい 頭痛 目の奥の痛み 首の痛み めまい(ふらつき) カイロプラクティック オステオパシー 整体治療
(掲載には患者さんの了承を得ています)

4年前・半年前にも同じ症状があり、整形外科ではレントゲンでストレートネック(首の骨がまっすぐ)と言われたようです。整形外科での牽引治療始め悪化して中断されたとのこと。

そんなこんなで整形外科・鍼灸治療・整体等々され、通われたようです。

上記症状が一週間前より悪化。
当院治療一回目の治療が終了して。頭痛・目の奥の痛み・めまい(歩いた時のふらつき感)・首の痛みの消失。

一週間後上記症状は消失。目の奥の重さが残る。肩甲骨の痛みが主訴。

二回目治療の終了により、負荷をかけた時の肩甲骨の痛みの増強の誘発が消失。

日常生活で気をつけることが少々、様子を見てもらう。

さて
鍼灸学生時代統計学を重視していた鍼灸の先生から
整形外科の牽引治療により
1/3は悪化して
1/3は変化なく
1/3は良くなる

とのこと。(今でもそうか?)
整形外科の治療で芳しくなく来院する方は多い(同症状での整形外科の受診履歴あり)
by raishin_clinic | 2011-07-31 22:22 | 症例報告
伊那市 女性 42歳 カイロプラクティック オステオパシー 鍼灸治療 交通事故のむちうち 首・肩の痛み・張り

らいしん治療院 症例報告
*掲載には患者さんの許可を得ております。

伊那市 女性 42歳 交通事故のむちうち・交通事故後の首肩の痛み張り
カイロプラクティック オステオパシー 鍼灸治療

12月末に車同士軽く接触。患者さんはそれほど強い衝撃と感じなかったようです。
3週間ほどたった1月20日ぐらいから左側の首・肩の張り感・つる感じが出てきたとのこと。
起床時に強く・髪の毛を乾かしている時・運転中のちょっとした動作で増強。
ドクターを受診し、レントゲンではむちうち・ストレートネックが原因とのことでした。

1月30日、久しぶりの来院

自覚症状としては上記の左側の首・肩に症状を訴えていました。

しかし、検査では右側の首・肩に痛み・張りの誘発がありました。(検査するまでは本人自覚ありませんでした・気づいていませんでした。)その痛みから逃げるためか?からだは左に強く傾いていました。そのための左側の首肩の自覚症状か?

患者さんはそれほど強い衝撃ではないと思っていましたが、からだに入った衝撃によるからだの変化は容易に感じ取れました。

交通事故(むちうち)や転倒・しりもち等の衝撃による症状は後々から出てくることがあり、患者さん本人も気にされていました。

3月10日の3回目の治療においての第一声は、

首・肩の訴えではなく
(事故後の首肩の症状は気にならなくなったとのことですが、要経過観察)
事故前から生じていた、もも内側の痛みでした。
(軽い肉離れ)
もも内側の症状も2回目治療後にだいぶ良くなったようですが、まだ本調子でないとのこと。


痛みや症状は、からだに起こっていることの警告であり、今回の症状改善のみならず、からだに入った衝撃・ゆがみ・緊張を改善したことは大きいと思います。
今後それを残し、痛みや緊張・衝撃をできるだけ感じさせないようにかばいながら老化していくのと、そうでないのでは大きな違いです。
by raishin_clinic | 2011-03-11 06:27 | 症例報告