人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
<   2013年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
箕輪町 46歳 女性 頭痛 めまい 首の痛み 腰の痛み 交通事故 カイロプラクティック オステオパシー 治療
患者さんの声
箕輪町 46歳 女性 頭痛 めまい 首の痛み 腰の痛み 交通事故 カイロプラクティック オステオパシー 治療
※(掲載に了承を得ております)

 転勤にて、引っ越しを続ける私共にとっては新しい地での治療院探しは大変なことです。今回は良い先生、信頼出来る先生にめぐり合う事が出来まして、らいしん先生には感謝しております。
 少しでも不安を感じることには、詳しい説明をして下さったたり身体の違和感には、納得いくまで丁寧に対応してくださいます。
 こちらへ伺うきっかけになったのは自動車事故でしたが、、それはすぐに回復いたしました。ですが、常日頃身体のケアをお願いしています。こちらに伺ってしばらくは、大変楽に身体が動きますが、2ヶ月程して、いつもと違う・・・と感じるので、すぐお電話して伺います。もちろん、元通りになります。
 気付けば頭痛など、仕方のないことかと思っておりましたのに。それも、いつ痛んだのか覚えていない程です。
 これからも、らいしん先生にお世話になります。
 よろしくお願い致します。

b0168743_204415100.jpg



平成24 12月来院時
・めまい (グルグル回る 3日ほど寝込む) ここ1年間に2回繰り返す。
・頭痛   2~3回/1ヶ月 生理前 天気が崩れる前 いつからかわからないほど昔から

昨日、車をバックでぶつけた後から右の首 右の腰の痛み

交通事故
平成5  交通事故でくも膜下出血 
平成18 車同士 左方から突
平成24 3月に追突された

平成25.12月 来院してちょうど1年がたち
患者さんは最近は変だなと感じるところで来院しています。

腰・首の痛み2回の治療で消失。

以前の寝込んで病むという状態の頭痛・繰り返すめまいは発生していない
2~3回/1ヶ月あった頭痛もいつが最後かわからなくなる

過去受けた交通事故の衝撃は容易に
・首の痛み
・めまい
・頭痛を引き起こします
これから寒くなってきて、凍結した路面で滑って転ぶ等、気をつけていただきたい。
by raishin_clinic | 2013-12-15 18:47 | 患者さんの声
夜寝ていて足がつる・こむら返りを考えるカイロプラクティック オステオパシー 整体治療

寒くなってきました
主訴で来院するケースは少ないのですが
夜寝ていて足をつる・こむら返りを繰り返し起こす方がいらっしゃいます

足がつるという事の原因として
考えられる事は
①筋肉疲労
②血行不良
・足の冷え
・脱水 汗のかきすぎ
・ミネラルの不足
・血管自体の問題(糖尿病等)

血行不良の対策としては
・患者さんではないのですが、相談を受けふくらはぎにレッグウォーマーを履いて寝てもらい改善した方がいらっしゃいました。ふくらはぎを保温する。
・夜間寝ている間に脱水になってしまうケースがあります。寒くなり、トイレに起きるのを嫌い、水分を控えてしまうからです。睡眠中の脱水は脳梗塞の原因になりえます。水分は不足しないようしたいものです。
・汗をかきすぎて塩分・ミネラル分が体内から不足すると生じるケースがあります。スポーツドリンクを水、又はお湯で薄めて補給することが手っ取り早いです。普段から偏りのない食生活を心掛ける。

③ゆがみによっても生じることがあります
というのも
患者さんは足がつる・こむら返りが主訴では来院しませんが
治療を重ねると足がつる・こむら返りが起きなくなる患者さんは少なくありません
こういった方々、腰・下肢の症状があり、片方側だけ よくつる・よくこむら返りになるという事が多いように感じます。(なかには両方つる・こむら返りになる方もいらっしゃいますが)

・からだの左右の偏り等から片脚への負荷増加
(結果的に片脚の筋疲労増加)
・腰から脚へ伸びる神経が正常に働けていない
(正常に脚に力が入らず結果的に筋疲労増加)
と考えています。
by raishin_clinic | 2013-12-07 18:31 | 不定期記
季節の変わり目(秋~冬)に急な首の痛み・腰痛増えています。寒さへの対応とゆがみ・緊張

いよいよ今年も残すところ1ヶ月
ツリーをだしてみました
きのこまみれの、きのこツリーです。

b0168743_12151366.jpg



さて、
毎年の事ですが、
初冬(寒くなり始めはからだに負担がかかり)に、急な首の痛みが発生する方が増えます

考えられる理由
①寒くて縮こまり首肩に力が入ってしまう
②着るものが増える
③横向き寝に寝る時間帯が増える(横向き寝が悪い訳ではなく、寝ている時間が増えるということ)
 布団にもぐってしまうと枕が外に置き去りになる
④こたつ

⑤猫等が布団に入ってきて寝返り打ちづらい
 こどもがひっついてきて寝返り打ちづらい
⑥寝具を変える

これらの姿勢の悪化や肩への負担の増加・睡眠中の体への負担に
首肩に存在するゆがみ・緊張が耐えられず痛みを出すと考えられます
というのも
定期的にからだの歪み・緊張を取り除いている患者さんも
定期的な通院前は毎年、この時期に首の痛みが発生していました。
ここ3年ほどは首の痛みは発生していません。

※①、③は自然と防御本能なのでなくすことはできません。
自分で気をつけられるものとしては
②の着るもののなかには、着ていると首肩がこってくるものもあります。
③もぐらず、掛け布団を持ち上げる、もぐるなら枕も忘れないように。
④こたつ の時の姿勢 悪くなりがちです。

by raishin_clinic | 2013-12-06 12:42 | 不定期記