駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
箕輪町 63歳 男性 胃癌手術後からの左首 肩 肩甲骨 腕の痛み 痺れ カイロプラクティック オステオパシー
 らいしん治療院 症例報告(※掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 63歳 男性 胃癌(がん)を手術後(手術痕・傷跡)から左背中の張り感 左の首・肩・肩甲骨・腕・肘の痛み・痺れ カイロプラクティック オステオパシー


2012年 4月に定期健診によって見つかった初期の胃がんを手術 
・お腹をかばうため身内に丸まった姿勢を指摘されている
・手術後4ヶ月後の8月に一度来院後
色々と忙しく、また上を向く仕事が多く定期的に疲労・ゆがみの解消ができず4ヶ月ほど経った12月末頃から左の首・肩・腕・肘の痛み・痺れ(しびれ)が始まる 痛み・痺れのため睡眠障害

今回
猫背の姿勢によって 首に負担がかかったこと
上を見る仕事が続き 首に負担がかかったこと
が重なった結果と思われます

1ヶ月の間 5回の治療で左の首・肩・腕・肘の痛み・痺れ(しびれ)の症状の消失(平日は中国・九州地方へ赴任のため週末しか治療できませんでした)

さてこちらの患者さん3年のお付き合いになる訳ですが
2010年初診時
・起床時から左腕・肘の強い痛み
・慢性の左側坐骨神経痛
左側に坐骨神経痛左大腿裏(ももうら)・左脛(すね)の張り感・痛み・痺れ(しびれ)を繰り返す
慢性的に左側の首・肩・肩甲骨・腕の痛みがありました
定期的な治療で初診時の上記症状はなくなり
最近では
左半身に違和感を感じた時
2ヶ月程に一回ほどで疲労・ゆがみの除去で来院中でした

この方の場合、
からだに負担がかかると左半身に痛みが出るパターンである


さて何を言いたいかというと
大きな手術痕(傷あと)は、からだに新たな緊張・ゆがみを発生させ痛みを引き起こする可能性がある
ということです

手術痕(あと)は皮膚や筋肉を伸ばさないように本能的に防御します
これが新たな緊張・ゆがみです
悪いことではないのですが、必要以上の防御は
今までの弱いところ、または別の新しいところに症状を引き起こします
この方の場合は弱いところに症状を引き起こしました

この新たな手術痕(あと)による緊張・ゆがみを
大きく受け入れるのか小さく受け入れるのか
の問題になってきます
大事なことは
・治療によって患者さん自身ではできないことをして
・患者さん自身でできることをしてもらう
このことによって今回早期に新たな症状を消失することができたと思います
手術痕(手術の傷あと)は、からだが徐々に受け入れていきます、なじんでいきますが、年単位でからだは変化していきます
これから数年のからだの使い方・意識の仕方が老化のスピードを左右します


b0168743_23455438.jpg

左から2番目の腹部の手術痕に相当し、患者さんに説明させてもらいました

患者さんの声
by raishin_clinic | 2013-02-10 00:00 | 症例報告
箕輪町 51歳 女性 左乳癌手術後(手術痕・傷あと)から 左肩・首の痛み カイロプラクティック オステオパシー
 らいしん治療院 症例報告(※患者さんには許可を得ております)
箕輪町 51歳 女性 左乳がん手術後(手術痕・傷跡)からの左の肩・首の痛み カイロプラクティック オステオパシー

2012年 10月初めに左乳がんを手術 
・手術痕による突っ張り痛み
・放射線治療によって皮膚の火傷(やけど)感
・左肩関節の動かしずらさ
に引き続き
12月初めから左首の痛みが始まる 歩いた衝撃が首に痛みを発生させる

2回の治療で左首・左肩の症状の消失

さてこちらの患者さん2年半のお付き合いになる訳ですが
2010年初診時
2006年から繰り返すギックリ腰(1~2回/年)で
右側に坐骨神経痛があり右背中から右腰・お尻(臀部)・右大腿裏(ももうら)・足先にかけて痺れがありました
右の首・肩の痛みがありました
施術によって上記症状はなくなり
たまに疲労やからだに負担になった時に右側の症状がでていました
この方の場合、
からだに負担がかかると右半身に痛みが出るパターンである
最近では猫背になった感じがし始めたら来院していたところ
今回の左の首・肩の症状で来院しました


さて何を言いたいかというと
大きな手術痕(傷あと)は、からだに新たな緊張・ゆがみを発生させ痛みを引き起こする可能性がある
ということです

手術痕(あと)は皮膚や筋肉を伸ばさないように本能的に防御します
これが新たな緊張・ゆがみです
悪いことではないのですが、必要以上の防御は
今までの弱いところ、または別の新しいところに症状を引き起こします
この方の場合は別の新しいところに症状を引き起こしました

この新たな手術痕(あと)による緊張・ゆがみを
大きく受け入れるか小さく受け入れるかの問題になってきます
大事なことは
・治療によって患者さん自身ではできないことをして
・患者さん自身でできることをしてもらう
このことによって今回早期に新たな症状を消失することができたと思います
手術痕(手術の傷あと)は、からだが徐々に受け入れていきます、なじんでいきますが、年単位でからだは変化していきます
これから数年のからだの使い方・意識の仕方が老化のスピードを左右します


b0168743_23455438.jpg

左から3番目に相当し、患者さんに説明させてもらいました

by raishin_clinic | 2013-02-04 23:42 | 症例報告