駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(6)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
【けんこう通信】Vol.17:からだとこころ

痛みや不快感でイライラしたり集中できなくなるという経験がある方も少ないと思います。この原因のひとつに、内在するゆがみが痛みや不快感を引き起こし、身体的・精神的不安定を引き起こしている事があります。特に子育て中のかたは、ご自身のからだの不調を後回しにしてしまいがちで、さらに気持ちも余裕がなくなってしまうという悪循環に陥ってしまう事があります。もし、そのような症状に心当たりがある場合はご相談ください。
by raishin_clinic | 2010-07-28 11:03 | けんこう通信
辰野町 31歳女性 むち打ち.首 背中の痛み 手の痺れ 膝の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体

らいしん治療院 患者さんの声
 毎日長時間座り仕事をしたり、重い荷物を持って階段を何往復もする生活を長い間していたいたところ、首から左肩甲骨、左膝が痛むようになってしまいました。眠っていても背中の痛みで起きてしまう状態でした。それでも仕事を休むわけにはいかないとしばらく我慢していましたが悪化して、左手にしびれが出てしまい悩んでいたところ「らいしん治療院」のことを知り、通い始めました。

 治療を受けるまでは、以前むち打ち治療で他院で受けた痛みのある治療を思い出し不安でした。が、治療はとても心地よく、負担のかかっている部位を見つけて説明して頂きとても驚きました。治療を終えて座ってみるとからだが伸びたような感覚に感動しました。

 何回か治療を受けているうちに、毎年梅雨時に感じていた首の重さ、痛みがなくなっていました。今では月に一度のペースで治療に通っていますが、痛みが出た時に我慢せずにもっと早く治療に伺えばよっかったと思いました。


院長より
 交通事故後の後遺症、むち打ちはいろいろな症状を引き起こします。首には自律神経の大切な中枢が存在し、梅雨時や気圧の変化に伴い症状が悪化するケースが多々見受けられます。この方は若かったので一度の治療でほぼ改善しました。回復する力は年齢によっても左右されます。この方に限らず若い方へ
“鉄は熱いうちに打て”
若いうちはこれと同様に変化・回復する力が大きい時に、数回からだを治療して良い状態で年齢を重ねていって欲しいと思います。
by raishin_clinic | 2010-07-07 17:43 | 患者さんの声
カイロプラクティック オステオパシーの噛み合わせの問題、捉え方

ここのところ頭蓋骨の特殊な部分の調整が必要な患者が続く。

調整中に肩のしびれが出現。
(患者さんは、からだはばらばらの物ではなくつながっている事を体験し、理解してもらえる)

師匠の兵庫の治療仲間の先生の言葉が思い出される。なるほど!このことかと納得。

まあ、臨床経験から考えれば当然と言えば当然であるが。
by raishin_clinic | 2010-07-06 21:25 | 不定期記