駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(11)
(10)
(10)
(8)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
箕輪町 56歳 主婦 カイロプラクティック オステオパシー 整体治療  四十肩・五十肩・首の痛み・しびれ

らいしん治療院 患者さんの声
箕輪町 56歳 主婦 M・Kさん
らいしん治療院に受診した時の状態を申し上げます。
からだ全体あちこちが痛くて自分でも何がなんだか分からず、日常生活は痛みと不自由を感じる事が多くありました。それが当たり前と受けとめていました。
治療を受ける以前は、昼に寝て休まなければ一日が保ちませんでした。
人の話もからだが辛くて長く聞いていられませんでした。右腕には痛みがあり、動かしづらく力が入りませんでした。また、ドアを開けるときには、右手のほうがドアノブに近いにも関わらず左手を使って開けるほど、右手を使いたくない状態でした。

からだの不調が始まったのが40才前半でした。徐々に不調を感じる部位が増え、程度も徐々に悪化して行き、よくなったり悪くなったりの繰り返しでした。
今まで受けたいくつかの治療は、ぐりぐり揉(も)んだりするような整体治療で、後日、2−3日は治療の痛みが続き、寝込む状態でした。
その他にも鍼治療や接骨院の電気治療も受けましたが快方に向かっているのを感じられませんでした。
半ば痛い事が当たり前の事と受け入れていたところ、らいしん治療院を紹介していただきました。

紹介してくださった方も五十肩の痛みを数回で治してもらったようです。

治療を受けるまで痛くない治療かどうか不安でしたが、受けてみると今までの治療とはまったく異なり心地よい整体治療でした。

数回続けて治療を受けるうちに首肩の痛み・腕の痛み・背中・腰などいたる所に感じていた痛みや不自由感が無くなって来ました。右腕にも力が入るようになって来て、今までちょっとした動きにも躊躇していた事が解消されて来ました。以前のように休まなければ1日保たないという様な事もなくなりました。辛かった期間が長く、やっと人並みになってこれたと感じています。
by raishin_clinic | 2009-12-29 16:48 | 患者さんの声
【けんこう通信】Vol.10:冬用のからだとまくら。
寒い日が増え、冬用のからだになって来てくると今まで平気であった枕にも違和感を感じたりするケースもあります。
枕が変わった訳ではなく(正確には枕も変わるケースもあります)、
からだの緊張度合いが変わって枕にからだ(首)が合わなくなったのです。
寒さも加わり朝起きがけの症状(首の痛み、腕や手のしびれ腰痛等々)を訴える患者さんも増えてきます。寝具の問題やからだのゆがみ緊張による問題等が考えられます。
けんこう通信vol.4首の構造1も参考にご覧下い。
寝始め直後は、からだの緊張が解けていない状態で、睡眠により徐々に緊張が解け疲労の回復に向かいます。
寝始めに違和感(首腰お腹等)があるとなかなか寝付けなかったり、緊張の引き続きによりからだのゆるみや回復する事を阻害したりします。ひどい場合には逆に首を傷めてしまうケース(寝違え等)もありますし、上記の様な朝起きがけの症状(首の痛み、腕や手のしびれ等々)につながる事もあります。

大切な事は寝始めの枕の高さを楽な高さに調整する事です。
バスタオル(タオルケット)をたたみ重ねて調整してください。(首の下だけではなく広めに)
(お金がかからない、調節が楽、旅行先でも枕が気に入らなければ自分で枕を作れる。ホテル、旅館にバスタオルは沢山あると思うので、借りて作れる。)
体の感覚を大事にすると、横向きが楽である時の場合は横向きで寝ます。その時も枕の高さを調節してください。必ずしも仰向きで寝る必要はありません。
体が良い状態であれば、仰向き横向きどちらでも寝に入る事ができます。
b0168743_14352174.jpg

私見により偏っているかもしれませんが、
からだや首が良い状態になればどんな枕でも寝られる
と思っています。
その考察に至る訳として臨床を通し、治療中の患者さんの枕の高さは、数回治療を重ねると確実に低い枕でも辛さや症状を感じなくなってくる事を共感できているからです。
(首肩の痛み、手のしびれを訴える患者さんは高さのある枕をすると症状が軽減する傾向がある)


刻々とからだも環境も条件も変化します。
昔のからだはこれがよかった!時が経ては逆の事が良くなる、と言う事も起こりえます。
自分の経験で得られた事が逆にあだになる事も起こりうるということです。
その時の自分の感覚を大事にしてください。

*正確には枕も変わるケースもあります
低反発枕はお薦めはしていません。低反発枕は頭が沈み固定され、寝返りが減ってしまう印象があります。なかには低反発枕に替えてから調子が良くなったと言う話も聞きますが、体は変化しますので、それがちょうど体が求めていた条件に合うと楽になります。
低反発枕の中に暖かいとやわらかく、冷えると硬くなる物があります。
体温や、気温も枕の高さを変化させる要因に含まれてしまいます。
低反発枕は頭の重さで沈むと考えられます。
決して首の緊張が一番緩和されるところの高さで沈むのが止まると言う訳ではない、気がします。
沈みきったところが、からだ(首)の緊張を緩和させる事のできるちょうど良い高さであれば良いのかもしれませんが、、、
by raishin_clinic | 2009-12-23 12:23 | けんこう通信