人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
20201月より
新住所へ移転しました
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪171-1
にて施術
[完全予約制]
TEL : 0265-98-9153
■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)

>地図はこちら

お間違えないようお気を付けください
旧住所(2009-2019施術)
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
カテゴリ
タグ
(12)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
カテゴリ:患者さんの声( 32 )
箕輪町 49歳 女性 首の痛みの解消 顔の歪み・ほうれい線の改善カイロプラクティック オステオパシー 整体
 
 らいしん治療院 患者さんの声
(※掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 49歳 女性 首の痛みの解消 顔の歪み・ほうれい線の改善 カイロプラクティック オステオパシー 整体


 年始明け早々、朝目覚めた時から何となく右の後ろの首筋がつっぱったような感じを覚え、それにしても寝違いとは少し違う感じがしていたのですが、親戚の病気のお見舞いやらなんやらで忙しく、自分ことはさておいて、そのうちいつか直るだろうと2週間あまり放置していました。

 が、段々と運転時に後ろを向きづらかったり、いつも首をさすっては気持ち悪く思ったりということが続くようになり、整形外科、接骨医、針治療といろいろと試してみたものの、針治療は少しは気持ちがほぐれたのですが、その前に行った接骨医のバキバキいわせる治療が怖くて思い出したり、その時に指摘された姿勢のことが頭から離れず、遂には毎晩寝返りを打つ度に首に痛みを覚えて、寝返りが怖くて緊張して毎晩を過ごすようになっていました。

 これではまずい。とにかく自分の場合は、やわらかくソフトに治療してもらえるところがないものかと、調べ、すぐに電話をしてみました。

 治療はとにかくやわらかくソフトなので、全く怖いことがなくてやっと安心して治療して頂けると思いました。ゆるゆると治療して戴いていると、体も暖かくなり、治療が終わってみると、首のつっぱりがうすれていて、左右をむきやすくなっていました。

 また、日頃の何気ない姿勢の癖、運転時の姿勢、仕事時の姿勢にについても具体的なアドバイスを戴き、それも自分にとって無理なく、自然と直していけるようにアドバイスをしてもらえたのが、とてもよかったと思います。枕も自分が気持ちいいと思える高さでというアドバイスを戴き、それもバスタオル等で調整してくださいといわれたのもびっくりした。とにかく無理なく気持ちよくというというところが嬉しかったです。

 お陰さまで、この首の症状はいつになったら治るのだろうかと、通う前は本当に不安になっていたのですが、通い始めて4回ほどで、首のツッパリ感を忘れることができるようになりました。それでも、放置した期間が長かったこともありますし、癖になっている変な姿勢を直したり、調整のためにも、今後も定期的に治療に行きたいと思います。


院長より
 来院時、三ヶ月経ってよくならず、悪化している状態で、とにかく緊張が強い状態でした。交通事故翌日の患者さんを治療した時もこのような感じでした。首の矯正は適切に行わなければこのような交通事故に似た状態を引き起こす可能性があるということを再認識しました。
痛み・突っ張り感・詰まり感・押されている感じ等々のため睡眠の質が低下して自己回復能力の妨げが強かったです。


 枕を調整することのみによって睡眠の質を変え、痛みを和らげていくことは可能ですが、
枕を調整することのみで痛みがなくなっても根本的なゆがみは改善されず
痛みを繰り返す、または、かばったり、痛みを感じない動き方によって別のところに痛みを引き起こすことになっていくと感じ、的確な治療で根本的なゆがみの改善が必要に感じます。



 こちらの患者さんの 患者さんの声は左側です。
箕輪町 49歳 女性 首の痛みの解消  顔の歪み・ほうれい線の改善カイロプラクティック オステオパシー 整体_b0168743_15153876.jpg

by raishin_clinic | 2013-04-04 15:41 | 患者さんの声
宮田村 34歳 女性 先天性股関節脱臼(臼蓋形成不全手術) 足首捻挫 オステ・カイロプラクティック 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声
宮田村 34歳 女性 先天性股関節脱臼(股関節臼蓋形成不全手術) 足関節(足首)捻挫 カイロプラクティック オステオパシー 整体治療 (掲載には患者さんの許可を得ております)

 子供の頃に手術をした右先天性股関節脱臼(臼蓋形成不全)を整形外科にて半年に一回ほど経過観察中ですが、「関節をなるべく使わないように、レントゲン、痛かったら痛み止め、もっとひどくなったら手術(人工関節)」という整形外科のサイクルにこのまま乗って行って良いものかと、30歳を過ぎ、体力や筋力の変化を感じる中で疑問に感じていました。
 友人に評判を聞き、股関節の事やそれに伴うゆがみなどの改善を目的にらいしん治療院に通うようになりました。施術して頂くと、悪い方の右足にもバランスよく体重をかけられて、楽に体を動かせるのでとても助かっています。デスクワークで偏った姿勢や日常生活での体の使い方も少しずつですが、気をつけるようになりました。このまま自分の体とつき合って行くためのパートナーを得て、とても安心出来ています。
 それから、松葉杖を使うほどの足首捻挫も帰りには松葉杖が不要になったり、寝違い、背中の痛みなど、緊急時にもお世話になっています。整形外科にかかっても、レントゲンや湿布を処方されるだけで、その場でなにかしてもらえる訳ではないこれらの症状は、らいしんさんに行くと、一回の施術で、日常生活を取り戻す事が出来ました。整形外科を否定する訳ではありませんが、外科的な処置になるべく至らないようにこれからも定期的にお世話になりながら、自分の体とうまくつき合って行ければと思います。
いつもありがとうございます。

院長より
 整形外科はできるだけ股関節を使わない方針指示します。
何人か先天性股関節脱臼・変形性股関節脱臼・大腿骨骨頭壊死の患者さんがいらっしゃいます。
股関節は多くの働きをこなす関節です。股関節の動かし方を体得し多くの働きを維持していくことが今後のカギになってきます。
筋肉・筋力も大事なことです(筋肉トレーニング)
股関節の動かし方・バランスのとり方のトレーニング・自分でできるリセットの仕方・感覚の獲得が進行を遅らせ、日常生活の質の向上に必要なことと感じます。
by raishin_clinic | 2012-11-29 22:05 | 患者さんの声
宮田村 35歳 男性 頭痛(片頭痛) 肩こり 顎関節症 歯ぎしり カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

 らいしん治療院 患者さんの声
宮田村 35歳 男性 頭痛(片頭痛) 肩こり 顎関節症 歯ぎしり カイロプラクティック オステオパシー 整体治療
(掲載には患者さんの許可を得ております)

 長年、偏頭痛と肩こりに悩まされてきました。これと言った解決 方法も無く、頭痛薬を飲むか、温めて緩和する程度で我慢してきました。また症 状として疲労が溜まると口が開かなくなる、口を開くと顎の骨が鳴るなの症状がありました。
 らいしん治療院で施術を受けて、すぐに顎の症状が良くなりました。また偏頭痛もほとんど無くなり、長年悩まされてきた症状が劇的に 変わりました。
また歯ぎしり、イビキが無くなり、腕を上げないと寝られないということも無くなり、本当に良く寝られるようになりました。良く睡眠を取れるようにな り疲れにくくなりました。
 今は1~2月に1度程度のペースで通わせて頂いています。疲れてきて口が開きにくくなったら施術のサインだと思っています。また痛みや身体的にキツ い施術ではなく、ソフトなので施術中、毎回眠りそうになります。
先生が若いこともあり、自分に合った治療を永く続けられる安心感 もあり、不調や不具合に対応してもらえることも安心のひとつになりました。


院長より
初診時の訴え
・肩こり 10年ほど前から仕事の環境のため
・頭痛  高校生ぐらいから
・顎    疲れで開かなくなる

寝相(ねぞう)
本来睡眠は、からだを休め回復させます。睡眠中はからだの欲求によって、寝がえりをうちます。あおむけで腕を上げて(万歳して)心地良さを感じ寝る人は少なくありません。それは意識があるうちは気持ちよく感じ、寝ている間でも、無意識にからだはそれを求めて寝ている形を表現していると考えます。これは姿勢の悪さ・ゆがみの緊張からくるからだの前面の縮こまりを伸ばし上げているストレッチ形になっていると考えられます。自分の寝相から体の欲求を考えると、眼る前のやるべきストレッチが見えてきます。1日の疲れ・緊張を寝相だけに任せておかず、睡眠前のストレッチでからだの疲労回復を手助けすることが望ましいです。
by raishin_clinic | 2012-11-28 22:56 | 患者さんの声
長野県 上伊那郡 中学生 チック症 頭痛 オステオパシー カイロプラクティック 整体治療
らいしん治療院 患者さんの声(母)

長野県 上伊那郡 中学生 チック症 頭痛 オステオパシー カイロプラクティック 整体治療
(掲載には患者さんの許可を得ております)

私の息子は重度のチック症です。小学校の頃から病院に通院しています。
小学校の頃は、チックが出ていてもそれなりに日常生活や学校生活を過ごしていました。

中学生に上がり、ある時期から、首の動き・肩の動き・手・足の動きという体を動かすチックが酷く出始め、動きも大きく頻繁に・長引くようになっていきました。今まで動きの大きい酷いチックは何度かありましたが、何週間も続くことはありませんでした。通院している病院では薬を変えたり・飲む量を変えたりするだけでした。薬もカゼ薬のようにすぐ効く薬がまだ開発されている訳ではなく、飲んでも完全に治らないのが現実です。

息子も、どーせ病院に行ったって
「どうして酷くなった?何か思い当たることある?心配事ある?薬の量変えてみようか?」じゃん。
「頑張って飲んでも効かないじゃん。」
と、主治医の先生にも薬にも不信感をもつようになりました。

息子がいらつくほど、日常生活・学校生活もチックが影響し支障が出始めるようになりました。親としても病院・薬に対し不信感をもつ息子にどうしようか悩み色々とインターネットで調べた時に、とある東京の整体院で、「チックの原因は背中からの歪み・・・」
と言うブログを見つけました。早速、息子の後ろ姿写真で撮り、姿勢の悪さ・右肩上がりなど色々気になり、チックからくる体の動きのせいか?と思い、私が元々腰の治療のために通っている らいしん治療院の先生に相談しました。
「完治するかは分からないけれど、歪みは治せるよ」
と言われ息子を連れていきました。「不信感」だらけの息子でしたが、
「過去に背中を強打した?」
と聞かれ、1年近く前の14歳の時に、ふざけていて背中を強打して痛かった時期があったことを思い出し、レントゲンを撮ってもなにも異常なしと言われ、整形外科から帰ったことを伝えたところ、
「チックの肩の大きな動きは、その時強打したのが何かのきっかけ・引き金になってるね」
と言われ色々思いだしなるほどと思いました。先生に東洋医学と西洋医学の説明をして頂き、色々驚きました。初めのうちは週一回治療をうけていました。そのうちにチックの症状も減り落ち着いていき、主治医の先生は驚いていました。雨降りの前などは頭が痛く頭痛薬が必要で主治医の先生に処方してもらっていたのですが、頭痛薬も必要とすることもほとんどなくなったことに対しても驚いています。何より一番驚いているは
「どーせ行ったって変わらない」
と不信感だらけの息子だったと思います。今では、らいしん先生のところへ行く日は朝から
「今日らいしん先生のところだね?」
と言っています。
「先生の治療気持ちいいから寝ちゃうんだよね」
と中学の息子にとっても先生の治療は痛くない気持ちがいいそうです。今でもチックの波はありますが、らいしん先生のおかげで大きいチックが出ても長引かなくなりました。チックが軽減し背中のゆがみ・頭痛が治り、思い切ってらいしん先生に相談し、治療してもらい本当によかったと思っています。


院長より

来院時の相談は、最近
・大きなチックの動きが増えてきたり、今までなかった動きが増えてきた。
・頭痛薬の使用頻度が増えてきた。
とのことでした。
子どもの場合(子どもに限らず大人にも当てはまりますが)、何気ない動作やクセは体に内在する何かを表現している場合もあると考えます。心の・体の居心地の悪さ・不快な感じ等。当然、痛みや不調・病気もひとつの表現と考えます。言葉で的確に表現できなくても動作や機嫌の善し悪しで注意深く見ていると体や精神状態は測り知ることはできます。その辺の私の考え方や治療の反応を見てもらうことを伝えました。



治療により体のゆがみ・緊張を解消することで、チック症状の軽減・安定が見られることを考えると体のゆがみ・緊張がチックの原因!とまでは言いきることはできませんが、1つの要因であることは考えられます。
(ゆがみがあればみんなチック症状を出してしまうということになってしまいます)
(チック症の要因に小学校時代の木から落ちた衝撃・ゆがみ・緊張が増悪・引き金になっている可能性も考えることはできます)
チック症の原因は確定されていませんが、脳の基底核におけるドパミン系神経の過活動仮説が提唱されています。また、精神的ストレスで悪化するなど、症状の増悪に環境要因が関与しています。
治療医によりゆがみや緊張が解消され、原因を体が許容できるようになってきたのかもしれません。または、体が原因を改善する方向へ少し動いてくれたのかもしれません。
by raishin_clinic | 2012-11-01 23:45 | 患者さんの声
伊那市 46歳 男性 大腿骨頭壊死による股関節の痛み 治療 オステオパシー カイロプラクティック 整体
らいしん治療院 患者さんの声(※掲載には患者さんの許可を得ております。)
伊那市 46歳 男性 大腿骨頭壊死による股関節の痛み 変形性股関節症 オステオパシー カイロプラクティック 整体

・17年ほど前から左股関節の痛み レントゲンで大腿骨骨頭壊死と診断される。



長い間ステロイド剤を服用していたため副作用で左大腿骨骨頭壊死と診断され、股関節の痛みが続いていました。
整形外科では大腿骨の骨頭の置換手術しかないが、まだ年も若いため長い目だ見ると今行うと今後、もう一回手術を行わなければならないため、今は行わない方が良いと言われました。
少しでも痛みが和らげばよいと思い、色々な整体治療を受けました。インターネットで調べ東京に治療に通ったこともありましたが、一時的には良いが2-3週間後には痛みが増してきてしまい、このままがまんしなければならないかとおもっていました。
市報を何気なくみていた時に、らいしん治療院があることが判り、ものは試しと思い、連絡、予約して診ていただきました。初めの1、2回は以前かかったとところと変わらないかと思いましたが、次第に、痛みの起こる周期が伸びてきたことを身をもって感じてきました。日ごろのストレッチなどのアドバイスを頂き実践したりしたこともありますが、念入りな施術のおかげで今は痛みの感じ方も和らいでいることを実感しています。

初めは1週間置きの治療間隔でしたが、三ヶ月たった現在では1ヶ月近く開けても痛み方も、頻度も少なくなって、以前のような状態にはならなくなっています。

今後も定期的に診ていただきたいと思いますが、自分でもできる範囲で鍛えること、背筋を伸ばす様に意識して生活することも必要かと思っています。


院長より
以前より痛みが楽になったり、痛みを感じることが少なくなったのは
骨頭の壊死・変形が治ったわけではなく、
本来持っている、
悪いところをかばえるからだの能力を回復させたと言う事です。
股関節臼蓋形成不全オペ歴ありの患者さん・先天性股関節脱臼の患者さん・変形性股関節症の患者さん幾人か通院されていますが、いかに股関節周囲の筋力を維持して股関節を良い状態で老化していくかが重要なカギになっています。
発症早期からの治療と適度な運動が必要と臨床から感じます。
股関節疾患に立ち向かうには
治療でしかできない事、
治療ではできない事
伴に大事なことと感じます。
by raishin_clinic | 2012-07-21 21:19 | 患者さんの声
松本市 49歳 男性 慢性頭痛・腰痛 姿勢の悪さ 猫背 カイロプラクティック オステオパシー 整体

らいしん治療院 患者さんの声
松本市 49歳 男性 慢性頭痛・腰痛 姿勢の悪さ 猫背 カイロプラクティック オステオパシー 整体
(※掲載には患者さんの許可を得ております。)

通院を初めて7ヶ月くらいになります。腰痛(中学生から繰り返す鈍い痛み)、10数年来頻繁におきる頭痛、首のこりや違和感、常に頭がぼーっとしているなどの症状がありました。子供の頃プールの底に頭を強打したり、その後バイクの事故で顎から転倒したことや、また仕事での過労やストレスなどが原因だろうと考え、これまでも鍼灸・カイロプラクティック・骨格矯正・整体・オステオパシーなどの治療を受けてきました。しかし症状が軽くこそなれ、らいしん治療院にお世話になるまですっきりすることのない状態でした。
最初の治療では腹部や首を柔らかく緩めてもらいましたが、これまで受けた整体の治療とは違い、強い衝撃や無理な力がかかることもなく、とても心地よく感じました。膝を緩めてもらっている時には、なぜか頭がすっきりしてきたのを覚えています。
当初は1週間おきに通いましたが、毎回治療後は腰痛や首の違和感が楽になり、数日経つと元へ戻る状態が続きました。治療中は気持ちがよくていつの間にか寝てしまい、時間の経つのがあっという間で、気がついたらもう終しまいというかんじです。その後いつの間にか腰痛もほとんど気にならなくなり、また定期的にあった頭痛もおさまり、治療の間隔も2週間から3週間になりました。
疲れがたまってくると、治療の直後にはゆるんで伸びていた背骨が、丸く猫背のように戻るのがわかりますが、以前は丸まっている姿勢が当たり前だったのでそれを意識することすらできませんでした。今は自分でもストレッチをしながら、できるだけ姿勢を意識するようにしています。
まだ背骨の固さはありますが、胸を張っていると気持ちよく、姿勢がよくなるのと同時に体調も随分よくなっていることにあらためて気がつきました。こうやって思い返すと、自然治癒力というのはこんな感じなのかなと漠然と感じるようになりました。本当にどうもありがとうございます。
by raishin_clinic | 2012-07-07 15:57 | 患者さんの声
伊那市 女性 48歳 カイロプラクティック オステオパシー 繰り返す腰痛・ギックリ腰 首の痛み 噛み合わせ

らいしん治療院 患者さんの声

伊那市 女性 48歳 カイロプラクティック オステオパシー 繰り返す腰痛・ぎっくり腰 首の痛み などなど など

 私はそれまでの徒歩通勤を止めて車通勤を始めると、運動不足からか?腰痛・首の痛みなどに悩まされるようになりました。

 ひどい痛みの時に、近所の整体院に通うとその時は治るのですが、中腰の作業などをするとまたすぐに腰痛があり、それが何日も治らなかったり、ひどくなるとぎっくり腰になる・・・
これの繰り返しでした。そのうちに
“背骨”
もずれているような気がしてきて
“対症療法ではだめかも?”
と思い、あちこち治療院などを探して、こちらにたどり着きました。
 以前通った整体院のように体をバキバキとする、こわい治療方法ではないので私はそれもとてもよかったです。
 最近通うのは月に1回ぐらいのペースですが、治療の後は
“体が軽くなる”
ような感じがして、行くたびに体の調子が良くなっていくのがわかります。なかなか治らなかった腰痛も、たまに痛くても以前のように続かず次の日には治るようになりましたし、中腰での作業をしてもあまり腰痛がおきなくなりました。
 そのほかにも首や肩・股関節なども今までよりスムーズに動くようになり、頭痛や肩こりも減ってきました。
勘違いから
“背骨”
が気になりこちらを訪れたわけですが、らいしん治療院と出会えてほんとうによかったです。


院長より
勘違い(笑)まあ患者さんは結果と原因はなかなかわからないものです。
過去に交通事故あったり。歩行時の許容範囲外の左右差・噛み合わせ・重心問題・膝痛・股関節痛・外反母趾痛等々いろいろと症状・問題がありましたが、消失・軽減に向かっています。本来のからだの状態を取り戻しつつあります。
からだ年齢の方が実年齢よりはるかに先に行ってしまっている人が圧倒的に多いいです。
治療を積み重ねた結果、からだ年齢を下げること(本来の状態に近付ける)ができたかと思います。良い状態で年齢を重ねていってもらいたいものです。
by raishin_clinic | 2011-09-29 16:04 | 患者さんの声
駒ヶ根市 43歳 男性 オステオパシー カイロプラクティック 整体 ぎっくり腰・坐骨神経痛・オスグッド・膝痛

らいしん治療院 患者さんの声
駒ヶ根市 43歳 男性 ぎっくり腰・腰痛・坐骨神経痛・オスグッド・膝の痛み
オステオパシー カイロプラクティック 整体治療を受けて


あけまして、おめでとうございます。
らいしん治療院さんにお世話になるきっかけはギックリ腰でした。
仕事の忙しさにかまけ、体を酷使し、寝不足もたたりと体の事を顧みずの結果と思います。
仕事内容は、4tトラックでの自動車部品の運搬(4時間ほどの往復)と荷物の積み下ろしです。忙しい時はからだを酷使していると感じます。

15年前にギックリ腰をして以来、痛くなり始めたら知り合いの整体院に行っていました。
6,7年前より仕事途中疲れてくると決まって左すね前のあたりが、痛く・だるくなっていました。以前の整体院では左坐骨神経痛と言われ、左足が若干短いことが原因と言われました。
確かにそのためか左右非対称の歩き方も自覚でき正直いやでした。
また、ごく稀に右ひざお皿の下の痛み30年ほど前からも慢性的にありました。(14,15歳当時、右膝の成長痛と言いますか?膝下の骨が浮き出た感じになり痛みを伴いました。整形外科では20歳になったら自然と治りますよと言われていましたが、、、)

らいしん治療院さんの治療はやさしく、痛みを感じないもので、心地よく寝てしまう事もありました(今までの治療は、治療の痛みに耐えながら治療を受けていましたが)。治療によりアシスタント付きでしたが仕事を休まず済みました。
3・4回の治療により、痛みもなくなりアシスタントの必要もなくなりました。また、坐骨神経痛と言われていた6,7年来の左すねの痛い・だるい倦怠感がスッキリとなくなりました。30年来の右ひざ下の痛みも今のところ感じなくなりました。

2011年本年もおろしくおねがいします。

院長より
仕事への強い責任感を感じさせてもらえます。体を使う仕事をされてますので、体の使い方や体のいたわり方を大事にしていただきたいと思います。
さて、ギックリ腰と本人は言っていましたが、いわゆるぎっくり腰は1・2回で治ります(良性・早期治癒可)。今回の場合は、同じ急性腰痛でも正確にはぎっくり腰(筋・筋膜性腰痛)とは違い、椎間板に負担がかかっていて、なおかつ悪性で治療回数がかかるものでした。
悪性と思わせることは、もともと左の腰が悪く、左の坐骨神経痛をかばっていたのでしょう。しかし、初診時は右の方が強い急性腰痛にもかかわらず、からだは右側に傾いていました。ふつうは痛みと反対側にからだは傾きかばう事をしますが、それができない状態になってしまっているのです。
治療はゆがみを取り除くことによって、年々衰えていくかばう力の回復・維持です。かばうところが多いままの状態での老化は避けたいものですね。

オスグッド
成長時、膝の筋肉の緊張が膝の骨を引っ張ってしまい痛みをだします。
膝の骨の出っ張り(骨の変形)が左右違ってしまっているようですが、変形していてもゆがみや緊張を取り除くことによってオスグッドの後遺症の痛みは消えました。
治療によって変形を治したわけではなく、そこにかかるゆがみや・緊張を取り除いた事によると思います。
痛みの原因はいろいろとあると思いますが、一つだけではなく、幾つかの原因が重なりあったときに痛みは出てきていると思います。
本来、不可逆的な変形があったとしても、そこを補える能力は備わっていると思います。そこを補う事が出来なくしているものにゆがみ・緊張があると思います。
by raishin_clinic | 2011-01-13 12:36 | 患者さんの声
箕輪町 74歳 男性 両手のしびれ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療を受けて

らいしん治療院 患者さんの声
箕輪町 74歳 男性 両手のしびれ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療を受けて

 何年か前に幾人の人から
“夜とか朝方に手先のしびれが出て大変困る”
という話を聞いたことがありました。その時は何となく聞いていたのですが、私も2年程前から左手の指先にしびれを感じるようになってなってしまったのです。
 細かい物、小さい物をつかむ時など指の感覚がはっきりせず困った状態が続きました。整形外科では手根管症候群とのことで
“この位なら軽症なので末梢神経の薬を飲めばよい”
と言うので薬を服用していました。ところが、そのうちに右手の指先もしびれるようになり始めました。レントゲンで見ると頸椎が悪く頸椎症とのことでした。そこから首のけん引・リハビリが始まり何ヶ月もやりましたが結果は良くなりません。また、他の整形外科で神経のブロック注射と何種類もの薬を飲んだりしましたが治りませんでした。
 家内がちょうど当治療院に通っており、
“1度診てもらったら?”
と勧められ、私も診察していただきました。4回目の治療あたりから反応が出始めて、右肘下のしびれから少しずつゆるんできたのです。
治療院へ何度か通って、先生が背中に触って、
“今日は大変疲れていますね”
と言われることがあります。日によっても体の緊張が違うとのことです。また、私の身体は左側が右側より固くて、左右のバランスがとれていないことも判りました。
 首、肩、腰等の治療でしびれが少なくなってきております。当初は高い枕でないと、しびれてどうしようもなかったのですが、治療を続けるうちに低い枕でも寝られるようになりました。だんだん高齢になって、具合の悪くなる所も増すと思いますが、自分の身体と折り合いをつけながら生活していかなければと思っております。

院長より
“年だから”と片付けられているものに、ゆがみが原因となっている症状があります。
今回も首の治療によって手のしびれの改善とともに長年続いていた耳鳴りも変化しました。
ゆがみは“実年齢”よりも“からだ年齢”をあげてしまう事があると実感します。
長年のゆがみを軽減させ、良い状態で年を重ねていってほしいと思います。
年をとってのゆがみの改善は難しく、若い時のほうが変化しやすいです。
ゆがみに沿って背骨は固く、柔軟性を失っていきます。そのため2年が経過するうちに、左指先のしびれから、左手のひら・右指・手のひら・右肘下のしびれに至ってしまいました。徐々に背骨から出る神経の障害部位が増えていったと考えられます。ゆがみを軽減させ、本来持っている柔軟性を取り戻したことによって症状の改善と低い枕でも寝られるようになってきたわけです。
ゆがみを放っておくと、“年だから”と片付けられてしまうようないろいろな症状を引き起こす可能性があります。
by raishin_clinic | 2010-10-16 18:37 | 患者さんの声
辰野町 31歳女性 むち打ち.首 背中の痛み 手の痺れ 膝の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体

らいしん治療院 患者さんの声
 毎日長時間座り仕事をしたり、重い荷物を持って階段を何往復もする生活を長い間していたいたところ、首から左肩甲骨、左膝が痛むようになってしまいました。眠っていても背中の痛みで起きてしまう状態でした。それでも仕事を休むわけにはいかないとしばらく我慢していましたが悪化して、左手にしびれが出てしまい悩んでいたところ「らいしん治療院」のことを知り、通い始めました。

 治療を受けるまでは、以前むち打ち治療で他院で受けた痛みのある治療を思い出し不安でした。が、治療はとても心地よく、負担のかかっている部位を見つけて説明して頂きとても驚きました。治療を終えて座ってみるとからだが伸びたような感覚に感動しました。

 何回か治療を受けているうちに、毎年梅雨時に感じていた首の重さ、痛みがなくなっていました。今では月に一度のペースで治療に通っていますが、痛みが出た時に我慢せずにもっと早く治療に伺えばよっかったと思いました。


院長より
 交通事故後の後遺症、むち打ちはいろいろな症状を引き起こします。首には自律神経の大切な中枢が存在し、梅雨時や気圧の変化に伴い症状が悪化するケースが多々見受けられます。この方は若かったので一度の治療でほぼ改善しました。回復する力は年齢によっても左右されます。この方に限らず若い方へ
“鉄は熱いうちに打て”
若いうちはこれと同様に変化・回復する力が大きい時に、数回からだを治療して良い状態で年齢を重ねていって欲しいと思います。
by raishin_clinic | 2010-07-07 17:43 | 患者さんの声