人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
20201月より
新住所へ移転しました
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪171-1
にて施術
[完全予約制]
TEL : 0265-98-9153
■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)

>地図はこちら

お間違えないようお気を付けください
旧住所(2009-2019施術)
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
カテゴリ
タグ
(12)
(10)
(10)
(9)
(8)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
箕輪町 74歳 男性 両手のしびれ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療を受けて

らいしん治療院 患者さんの声
箕輪町 74歳 男性 両手のしびれ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療を受けて

 何年か前に幾人の人から
“夜とか朝方に手先のしびれが出て大変困る”
という話を聞いたことがありました。その時は何となく聞いていたのですが、私も2年程前から左手の指先にしびれを感じるようになってなってしまったのです。
 細かい物、小さい物をつかむ時など指の感覚がはっきりせず困った状態が続きました。整形外科では手根管症候群とのことで
“この位なら軽症なので末梢神経の薬を飲めばよい”
と言うので薬を服用していました。ところが、そのうちに右手の指先もしびれるようになり始めました。レントゲンで見ると頸椎が悪く頸椎症とのことでした。そこから首のけん引・リハビリが始まり何ヶ月もやりましたが結果は良くなりません。また、他の整形外科で神経のブロック注射と何種類もの薬を飲んだりしましたが治りませんでした。
 家内がちょうど当治療院に通っており、
“1度診てもらったら?”
と勧められ、私も診察していただきました。4回目の治療あたりから反応が出始めて、右肘下のしびれから少しずつゆるんできたのです。
治療院へ何度か通って、先生が背中に触って、
“今日は大変疲れていますね”
と言われることがあります。日によっても体の緊張が違うとのことです。また、私の身体は左側が右側より固くて、左右のバランスがとれていないことも判りました。
 首、肩、腰等の治療でしびれが少なくなってきております。当初は高い枕でないと、しびれてどうしようもなかったのですが、治療を続けるうちに低い枕でも寝られるようになりました。だんだん高齢になって、具合の悪くなる所も増すと思いますが、自分の身体と折り合いをつけながら生活していかなければと思っております。

院長より
“年だから”と片付けられているものに、ゆがみが原因となっている症状があります。
今回も首の治療によって手のしびれの改善とともに長年続いていた耳鳴りも変化しました。
ゆがみは“実年齢”よりも“からだ年齢”をあげてしまう事があると実感します。
長年のゆがみを軽減させ、良い状態で年を重ねていってほしいと思います。
年をとってのゆがみの改善は難しく、若い時のほうが変化しやすいです。
ゆがみに沿って背骨は固く、柔軟性を失っていきます。そのため2年が経過するうちに、左指先のしびれから、左手のひら・右指・手のひら・右肘下のしびれに至ってしまいました。徐々に背骨から出る神経の障害部位が増えていったと考えられます。ゆがみを軽減させ、本来持っている柔軟性を取り戻したことによって症状の改善と低い枕でも寝られるようになってきたわけです。
ゆがみを放っておくと、“年だから”と片付けられてしまうようないろいろな症状を引き起こす可能性があります。
by raishin_clinic | 2010-10-16 18:37 | 患者さんの声