人気ブログランキング |
駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信
東京池袋にて施術

■ご予約/お問い合わせ
20201月より
新住所へ移転しました
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪171-1
にて施術
[完全予約制]
TEL : 0265-98-9153
■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)

>地図はこちら

お間違えないようお気を付けください
旧住所(2009-2019施術)
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
カテゴリ
タグ
(12)
(10)
(10)
(9)
(9)
(8)
(7)
(7)
(7)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
長野県 上伊那郡 箕輪町の整体院 らいしん治療院 オステオパシー カイロプラクティック 鍼灸 交通事故 治療

長野県 上伊那郡 箕輪町 の整体院

らいしん治療院

オステオパシー カイロプラクティック

鍼灸 交通事故 治療

バキバキ、ボキボキしない

怖くないやさしい整体で

からだをゆるめ
本人が持つ自然治癒力を高めます



交通事故後の治療 むちうち治療 首肩こり 頭痛 腰痛 ぎっくり腰 首の痛み 寝違え 手足のしびれ ヘルニア 坐骨神経痛 五十肩等痛みでお困りの方へ

 当整体院は、慰安のための押したり、揉(も)んだりマッサージは行っておりません。骨格、頭蓋骨、内臓、軟部組織から体をゆるめ整えることにこだわりをもって治療しております。

箕輪に限らず 東京 愛知 埼玉 神奈川 栃木 長野市 佐久市 松本市 朝日村 茅野市 諏訪市 塩尻市 岡谷市 辰野町 小野 南箕輪村 伊那 伊那市 高遠 長谷大鹿村 宮田村 駒ヶ根市 飯島町 飯田市 下條村 松川町 木曽 等広域の皆さんにご用命頂いております。


# by raishin_clinic | 2025-12-31 00:00
らいしん治療院 移転のお知らせ
2020年1月営業開始より

・新住所にて
 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪171-1にて施術を行います
よろしくお願いします。

・旧住所
 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402
 箕輪バイパス沿い 西友コメリ近く ココ壱番屋(カレー)の上4階ではなくなります
お間違えないようご注意ください


グーグルマップ
マップの写真は建替え前のものです
外観は下記の施術所外観写真を参考にしてください。



施術所外観

らいしん治療院 移転のお知らせ_b0168743_08224641.jpg

駐車場 敷地内 スロープ脇

らいしん治療院 移転のお知らせ_b0168743_08222838.jpg

待合室
完全予約制で、前施術所同様、施術所内での患者さん同士、対することはありません。託児は時間帯によっては女性が対応可能です。相談ください。

らいしん治療院 移転のお知らせ_b0168743_12160038.jpg








# by raishin_clinic | 2021-12-31 08:26 | インフォメーション
繰り返す急性腰痛 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛(MRIにて3つの腰椎椎間板ヘルニアを指摘される)
伊那市 40代女性 繰り返す急性腰痛 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛  
痛くて寝られない、座ってられない


患者さんの声※掲載には患者さんの了解を得ております。
1年前に腰と左足に痛みがあり整形外科を受診。坐骨神経痛と診断されシップとロキソニンを処方され、3回程度の痛院で症状は治まりました。

7ヶ月前に突然腰と左足激痛が走り、歩行が困難になり整形外科を受診しました。
MRIの結果椎間板ヘルニアと診断されました。
リリカとロキソニン、シップ処方されましたが2週間激痛が続きました。痛みで夜も眠れず、他の整形外科を受診しようかと悩んでいると、友人が整体を紹介してくれて、こちらで治療させていただくことになりました。
先生は詳しく様子を聞いてくださり、1回目2回目は続けて3回目から6回目までは1日おきに治療してくださいました。
最初は治療が終わると痛みがだいぶ楽になり、時間がたつと痛みが戻ってしまいました。それでもよくなっている感覚があったので他の整形外科の受診はしませんでした。
眠れない日が続いて、心の不安も強くなって落ち込んでいたのですが、先生がしっかり話を聞いてくれて、ヘルニアは良くなっていくとうい前向きなお話を他の方々の症状などを詳しく教えてくれたので安心して痛院することができました。もし、こちらに痛院していなかったらヘルニアだけでなく、心の病気にもなってしまっていたのではと思います。

1ヶ月痛院するころにはだいぶ歩けるようにもなり、痛み止めを服用する回数も減りました。
通院するごとによくなっていき、まだしびれや痛くなる時もありますが、働けるようにもなり、大変感謝しています。

繰り返す急性腰痛 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛(MRIにて3つの腰椎椎間板ヘルニアを指摘される)_b0168743_11340478.jpg








# by raishin_clinic | 2021-03-04 11:53
慢性腰痛、脊柱管狭窄症 足腰の痛み、痺れ 〝年のせい”〝年だから”と それだけとも言い切れない 
患者さんの声(※掲載には患者さんより許可を得ております)
・   市在住 78才 男性
来院10日ほど前から左大腿部の中間あたりに痛みが走り、2-3日前から強い腰痛と右足への痛みの発生
中腰でかばえば歩くのは楽。体を起こすと腰の痛みと、右下肢に痺れ。うつ伏せで右ふくらはぎ痺れ。
脊柱管狭窄症と診断されたようです。

50代からぎっくり腰を繰り返す
4-5年前から慢性腰痛状態
2-3年前から徐々に丸くなり始めたようです

患者さんの声
私の腰の痛みは、ぎっくり腰を病んだことが第1原因と考えている。最初は何気なく下の物を拾おうとして腰をかがめた時に激痛が走り、以降、前かがみになっただけで痛みが出ないか不安でした。腰痛で、整骨院、整体師、気功士等々人が好いと云われる所あらゆるところへ通うもはかばかしくなく、年令も増して来ていたところ近所の人がそんなに痛むんだったら箕輪町のらいしんへ行ってごらんと紹介され通い始めた。
腰の痛みというより右足の裏側に痛みが走るようになってきた。歩行もよいということで1日10,000歩を目指してウォーキングも始めた。(※1)ここに通うようになってウソみたいに調子よくなり、痛みも遠のき、とても楽になった。これも一重に先生の努力のおかげと感謝申し上げている。従来の痛みの部位はずっと遠のいているのが現状です。
 感謝申し上げております。


慢性腰痛、脊柱管狭窄症 足腰の痛み、痺れ 〝年のせい”〝年だから”と それだけとも言い切れない _b0168743_18520995.jpg


脊柱管狭窄症と診断を受けたようです。
歩行時に間欠性跛行をきたしています。
間欠性跛行とは、歩き始めは痛みは弱いが、歩いてくうちに痛みが強くなり、丸くなって休むと痛みは減少する傾向があります。
現に、歩いていて痛みが強くなって、歩けなくなり迎えに来てもらったことがあったようです。
脊柱管狭窄症と診断を受けた時に、痛みが強いときは丸くなって安静にすること、と言われたようです。

※1 施術開始時はウォーキングはやめてもらいました。上記病院からのアドバイスどおり無理やり体を起こすのは控えてもらいました。
徐々に丸くなっている体を起こしても痛みが出なくなってきてから。ウォーキングを再開していただきました。

# by raishin_clinic | 2021-01-28 12:01 | 患者さんの声
首の痛み、手の痺れ(薬指、小指)、左腕力が入りにくく、もの持つと左肘が広がる
症例報告(掲載にはご本人様の許可を得ております)67歳男性 慢性腰痛
1か月前から首の痛み、手の痺れ(薬指、小指)、左腕力が入りにくく、もの持つと左肘が広がる
首の痛み 左手の痺れ もの持つと左肘が広がる 5年前から左肩が回らない 上がらない  


初検時
1か月前から首の痛み、手の痺れ(薬指、小指)左腕力が入りにくく、もの持つと左肘が広がる
首の痛み
左手の痺れ 
もの持つと左肘が広がる
5年前から左肩が回らない 上がらない
常に腰痛とのこと

1か月前から首の痛み、手の痺れ(薬指、小指)左腕力が入りにくく、もの持つと左肘が広がる
上記症状が
かかりつけの内科の先生に相談
左手の痺れ、力が入らない
脳が原因である可能性を疑われ脳ドックを受ける
幸い問題は見つからなかった

!!手の痺れ 力が入らない!!
内科の先生がおっしゃる通り脳の問題を考えなければいけない
起こりうることして首の問題からも同様な症状が出現するケースもある
整形外科の受診検討することを勧める。

施術開始
3回目の施術後、首の痛み、肩関節の回しずらさの消失
首の痛みが楽になり、整形外科の受診は少し様子を見るとのこと

6回目の施術後、手の痺れがなくなり、力が入るようになって肘の広がりもなくなる
慢性的に感じていた腰の痛みがなくなり

以降はメンテナンス定期的に受診に切り替え


# by raishin_clinic | 2020-10-13 15:31 | 症例報告
首の痛みで、うがいが怖い 頸椎ヘルニア、首の骨逆カーブ 左肩の痛み 左腕の痺れ
うがいが怖い 頸椎ヘルニア 首の痛み 左肩の痛み 左腕の痺れ
らいしん治療院 症例報告
症例掲載には患者さんの許可を得ております。

女性
・首の痛み
・左肩の痛み
・左腕の痺れ
・左もも裏の痺れ(時々)
・睡眠中の首の痛みを感じる

整形外科で頸椎ヘルニア、頸椎カーブが逆になっていると言われる

7年ぶりの再受診
思い当たる原因はないようですが
歯科治療が1年以上前から続いている
歯科治療後、全員首が痛くなるかといえばそんなことはない。
おそらく、
もともと患者さんが持っていた首の弱いところに負担がかかって
痛みにつながってしまったのかもしれない。
(患者さんから聞く話ですと、歯科治療が体に負担になる場合があることを伝えてくれる歯科医院もあるようです)

幸い
1回目の施術で
・痺れの消失
・寝やすくなる
2回目の施術で
・肩こり、首の張り感程度
他初診の症状の消失

歯科治療を再開してもらうが
再び首の痛みが出現

施術で消失しました
最後の歯科治療後しばらく、首の痛みの再発がなく
当施術も経過、様子を見てもらい終了

※当院は歯科治療反対の立場ではありません。
歯科治療の先生の中には、歯科治療も体に負担を引き起こす可能性があると言っている先生も認識しております。
当然、患者さんみんな負担になり、症状が発生するわけではないと思います。
症状を引き起こす、体の弱いところを持っている患者さんはご自身でも気を付けないといけないと思います。





# by raishin_clinic | 2020-07-23 09:27 | 症例報告
ストレートネックと言われた首の痛みから腕の痺れ、脱力、力が入らない症例
40代
寝違えたような首の痛み
に引き続き 腕の痺れ、脱力 腕が上がりにくい
洗髪時  腕が上がりにくくなり
筋トレ時 片腕ダンベル挙げられない
整形外科ではストレートネックと言われ
首からくる腕のしびれ脱力とのこと

発症3週間たち当院へ来院

1週間間隔で施術開始
2回目の来院時には痛み、痺れはほぼなくなる
洗髪時腕の挙がるようになる
4回ほど施術
その他、自律神経関係の諸症状改善


施術が著効した症例ではあるが、
整形外科でも言われたように
首の痛みや腕の痺れを放っておくと腕が上がらなくなることも起こりえる
気を付けたいものです

※症例掲載には患者さんの許可を得ております

# by raishin_clinic | 2020-06-14 09:16 | 症例報告
まっすぐ立てない ぎっくり腰 温めたほうが良いか?冷やしたほうが良いか?
掲載には患者さんの許可を得ております。

ぎっくり腰 温めたほうが良いか冷やしたほうが良いか?
1、ぎっくり腰とは
2、患者さんの声
3、データのとり方
4、落とし穴
5、結局、温めたほうが良いか、冷やしたほうが良いか?
(3,4,5は私見です)
6、画像

1、ぎっくり腰とは
正式名称は急性腰痛となります
急に発生した痛みで
痛みが強くかばいたくなるもの
(ただし、急に強い痛みが出てかばいたくなるものでも、ぎっくり腰ではないものもあります。)

2、患者さんの声
・40代男性
ものを持ち上げようとして腰を痛める
運転できず奥さんに送ってきてもらう
まっすぐ立っていられず
くの字にかばって立っている
知り合いに、お風呂に入って温めたほうが良いとの事で温めた

”お風呂に入っているときは楽であったが、出た後大変になってしまった。”
との事
痛めた翌日に来院

・50代女性
朝起きて、急に腰を痛める
前日に寒い中で重たいものを持つ作業をしたとの事

”原因は寒さと思い、お風呂で温めて、マッサージを受けた”
とのこと

4日たって腰の痛みは変わらず来院
まっすぐ立っていられず
くの字にかばって立っている
腰が抜けたように立っている

施術後には2人ともまっすぐ立つことができた

3、データのとり方

温めて、
悪化するケース
治りが長引くケース
お風呂に入っているときは良いが出た後ひどくなるケース
というのはよくよくよくよくよくよーく患者さんの声として遭遇する。
しかし、温めないほうが良いということには
安直にいけない
データのとり方として
気を付けなければいけないことは
温めてよくなった人は来院しない。

ぎっくり腰、
何パーセントの人が温めてよくなる
何パーセントの人が温めて悪くなる
わからない
しかし、ぎっくり腰を温めて悪化するケースを患者さんの声として確認している。

4、落とし穴
ぎっくり腰等
寒さで、筋肉間接等動かしずらくなり組織を痛めてぎっくり腰を起こしてしまった場合
寒さが原因と考えてしまう傾向にある。

急な腰の痛みを引き起こした原因は
〝冷え”にあるかもしれないが
急な腰の痛みの原因が
〝炎症である場合”は炎症を強くしないほうが良い。
おそらく、炎症が原因のぎっくり腰は温めると悪化するケースに該当すると思われる。
その見極めは本人では難しい。

ぎっくり腰の予防として、寒さ等でこわばった体を温めることは悪くない
寒さ→体の動かしにくさ→温める→動かしやすく、組織を痛める可能性を軽減、

ぎっくり腰になってしまったら
寒さ→体の動かしずらく、組織を痛める→炎症→痛み→温める→炎症を強め悪化する人がいる

5、結局、温めたほうが良いか、冷やしたほうが良いか?
3、4、を踏まえると
一生懸命、高温のお風呂に入って温めないほうが無難である。
さっと入る分には問題ないと思う(炎症が強くならない程度)
風呂、カイロ等は結構な熱源である。
温感シップは結構な熱源にはならないと思う。
良かった。変わらない。かぶれたは聞いたことはある。
シップを貼って、明らかに悪くなった!ということは聞いたことがない。

冷やしたほうが良いか?
ほとんど、お勧めしていない。個人でやるには、氷で冷やすのは大変である。
冷感シップは氷に匹敵するほど冷えるとは思えない。ただし温感シップと同じく、明らかに悪くなった!ということは聞いたことがない。
患部を温めるはしなくてよいが、防寒はしておいたほうが良いとは感じる。

6、画像
温めたり、マッサージ等で炎症が強くなった場合は治りにくくなる傾向は感じますが
幸い2人とも施術の後はまっすぐ立てるようになりました。
スマホで写真を施術前と後で撮っておいて、掲載許可をいただいていましたが
田植え前の田んぼへ、スマホをポチャリとしてしまいました。












# by raishin_clinic | 2020-04-29 19:38 | 患者さんからの質問
大きな寒暖差で急な腰の痛み、ぎっくり腰、増えてます
東京池袋での月一回の施術は2020、1/17を最後に、2月より自粛しております。

さて、
寒暖差が大きな時期は
大きな寒暖差の体の反応(寒いときは冷えないように、暑いときは体を冷やすように)は真逆になり
体への負担はおおきくなると感じます。
寒暖差が大きいとき
ぎっくり腰、急な腰の痛み、首の痛みを訴える患者さんが増えます。
(通年通していらっっしゃいますが、臨床を通して例年通り増える時期と感じています)

武術からの体の負担を減らすことに応用するならば、
”軸”です。

体軸
を意識すると
首の負担
腰の負担を軽減できると感じます。
また、痛みの改善、予防に役立つと感じます。
軸を意識した生活、体操で腰痛予防に成功している患者さんは少なくありません。

気を付けたいものです。






# by raishin_clinic | 2020-04-07 07:25 | 不定期記
コーヒー、カフェイン摂取で耳鳴りが強くなる!? 自律神経の乱れか?
コーヒー、カフェイン摂取で耳鳴りが強くなる!?

40代患者さんから
コーヒー、カフェイン摂取で耳鳴りが強くなる
と自覚があり、控えている
とのこと

3年前からめまい、不眠、耳鳴りを感じることが始まった
MRI CT検査は問題なしとのこと
自律神経の乱れ
との事

“コーヒー、カフェイン摂取で耳鳴りが強くなる”

そんなこともあるのだなと、5回目の施術時に聞いていました

カフェインは神経を興奮させる作用があるのは理解しているが
耳鳴りが強くなるケースもありますか、、、

これは主訴ではなかったのですが
体のゆがみを改善したら主訴の症状改善とともに
上記の自律神経の乱れと思われる症状も改善されました

初診時から2ヵ月半後の5回目の施術時では

”コーヒーが飲めるようになったとのこと”


飲めるようになったとはいっても
飲むのはほどほどに心がけていただきたい

この方の場合は、カフェインが体に影響するのことを強く自覚できた方ですが、

自覚に及ばない、カフェイン摂取が、不定愁訴助長になっているケースがあるかもしれない

ゆがみの解消が、
体のカフェイン摂取による耳鳴りの許容範囲を広げたか
自律神経の乱れなるものを整えたか

コーヒーは適量に
コーヒー感受性は個人差が大きいように感じます

※5回目の施術時に症例報告として、掲載の許可を得ております。



# by raishin_clinic | 2020-02-07 17:25 | 症例報告