駒ヶ根.宮田.伊那.南箕輪.辰野.岡谷の整体治療ご用命は らいしん治療院へ
raishin3.exblog.jp

長野県上伊那郡の整体治療院。痛くない、こわくない、ソフトなやわらかい整体でからだの自然治癒力を高める治療です。
らいしん治療院について
ごあいさつ
治療院のご案内
オステオパシー
とは

ゆがみの捉え方
治療目的
料金設定
受診前の準備
ご注意
院長 プロフィール
けんこう通信

■ご予約/お問い合わせ
〒399-4601
長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪8051-1MK45 402号室(エレベーター前)
>地図はこちら
TEL : 0265-98-9153
【完全予約制】

■メールでのお問い合わせ
E-MAIL : info[at]raishin.jp
(お手数ですが、[at]→@に変更して送信してください。)
カテゴリ
タグ
(10)
(9)
(9)
(8)
(8)
(7)
(6)
(6)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
最新のコメント
最新のトラックバック
検索
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル
ファン
長野県 上伊那郡 箕輪町の整体院 らいしん治療院 オステオパシー カイロプラクティック 鍼灸 交通事故 治療

長野県 上伊那郡 箕輪町 の整体院

らいしん治療院

オステオパシー カイロプラクティック

鍼灸 交通事故 治療

痛くない こわくない ソフトなやさしい整体で
からだをゆるめ
本人が持つ自然治癒力を高めます


交通事故後の治療 むちうち治療 首肩こり 頭痛 腰痛 ぎっくり腰 首の痛み 寝違え 手足のしびれ ヘルニア 坐骨神経痛 五十肩等痛みでお困りの方へ

 当整体院は、慰安のための押したり、揉(も)んだりマッサージは行っておりません。骨格、頭蓋骨、内臓、軟部組織から体をゆるめ整えることにこだわりをもって治療しております。

箕輪に限らず 東京 愛知 埼玉 神奈川 栃木 長野市 佐久市 松本市 朝日村 茅野市 諏訪市 塩尻市 岡谷市 辰野町 小野 南箕輪村 伊那 伊那市 高遠 長谷大鹿村 宮田村 駒ヶ根市 飯島町 飯田市 下條村 松川町 木曽 等広域の皆さんにご用命頂いております。


# by raishin_clinic | 2018-12-31 00:00
50代 女性 伊那市 整体治療 骨盤矯正 カイロプラクティック 腰椎椎間板ヘルニア お尻の痛み 足ジンジン痛む 神経障害性疼痛
らいしん治療院 患者さんの声(掲載には許可を得ております)
50代 女性 伊那市 整体治療 カイロプラクティック治療 腰椎椎間板ヘルニア お尻の痛み ジンジン足の痛み 足先の痺れ ふくらはぎの痛み

・5月くらいに整形外科で軽度の腰椎椎間板ヘルニア上方 下方の二つを指摘される
・整体で骨盤が原因と指摘され、骨盤への施術を数回受ける

来院時
・左下肢の痛み痺れ
・お尻の痛み
・足首の辺りと足先の痺れ ジンジンズキズキと
・5月から発症徐々に悪化
・起床時歩き始め、座時上記症状悪化
・以前は薬が1日効いていたが段々効かなくなってきた。


 4か月程前、整形外科で軽度の椎間板ヘルニアと診断され、その頃は痛みもそれ程ではなかったので軽く考えていましたが、徐々に左側のお尻からふくらはぎ、足首まわりまで痛みが出るようになりました。
 特に朝起きた時や夕方、日中も車から降りて歩き出す時や椅子に座っている時など痛みが強くなりました。痛み止めでおさえていましたが、2ヶ月ほど前には一日中痛みがつづくようになり、薬も効いている時間が短くなって夜中にも痛みで目が覚めるようになりました。
 ひと月以上そんな調子で過ごしていましたが、これでは・・・と思い、とにかくこの痛みから解放されたいという一心でネットで調べて整体が良いことを知り、こちらで治療していただくことにしました。

 先生は詳しく様子を聞いてくださり、1回目2回目は続けて、3回目から6回目は1日おきで治療してくださいました。最初は、治療が終わると痛みもだいぶ楽になるのですが、時間がたつと痛みが戻ってしまいました。それでもよくなっている感覚があり、日を空けずに治療していただける安心感で気持ちはとても楽になりました。
 何かしなければいけないと思っている私に「痛みのある時は何もしなくて良い」と言ってくださり、日常生活での楽な姿勢や座り方、車の乗り方、寝方など細かくアドバイスしてくださって大変役に立ちました。

 その後、7回目の治療の後は痛みもかなり和らいで痛み止めを飲まずに一週間後の治療まで過ごすことが出来ました。
 9回目は1週間以上空けての治療でしたが、さらに痛みも減り、気持ちも明るくなった気がします。
 まだ治療は途中ですが、あの痛くて辛かった頃を思い出すとこんなに良くなれた事、本当にありがたいと思います。

院長
整形外科でヘルニアによる痛みや痺れと診断を受け、いわゆる最近で言う神経障害性疼痛と思われる。


b0168743_18113049.jpg




# by raishin_clinic | 2017-09-27 17:37 | 患者さんの声
伊那市 50代 男性 慢性頭痛 肩こり 首肩の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療 古武術身体操作
らいしん治療院 患者さんの声 掲載には患者さんの許可を得ております。
伊那市 50代 男性 慢性頭痛 肩こり 首肩の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療 古武術身体操作

長年慢性的な頭痛や肩こりに悩んでおりました。整形外科や、ほかの整体などにも通ったことがありましたが、思うような結果は得られませんでした。
インターネットで「らいしん治療院」の存在を知り、なんとなく惹かれるものを感じて通うことにしました。
 「らいしん治療院」で施術を受けるようになってから、体の強張りや歪みが消えていき、それに伴って様々な不調が改善されていきました。施術は体に負担をかけることのないソフトなスタイルで、とても心地よいものです。施術中は、ほぼ毎回眠ってしまいます。
施術の後は、体のパーツがあるべきところに収まっているという感覚になります。自分の体のニュートラルな状態を知ることができます。
「らいしん治療院」にお世話になって数年になります。
私にとりましてはホームドクターのような存在です。その都度、自分では把握しきれない体の状態を指摘してくださるので自己管理の参考になります。
体調管理に必要なのは、まず自分の体を知ることだと思います。ただ受け身で治療をしてもらうということではなく、体の使い方を学んでゆくという方向に導いて下さるのは、先生が古武術の指導者であることと無縁ではないと思います。
 時々無理がたたり、痛みが発生して駆け込み治療をしていただくこともありますが、そうなる前に定期的に調整していただきつつ、自分の体の使い方を学んでゆく・・・というのが「らいしん治療院」との理想的な関係だと思います。


b0168743_19462079.jpg

# by raishin_clinic | 2017-05-01 13:10 | 患者さんの声
スノーボード.交通事故ムチウチ後遺症による頚腕症候群 首肩の痛みと痺れ 整体治療
らいしん治療院 患者さんの声※掲載には許可を得ております
29歳男性 スノーボード.交通事故ムチウチ後遺症による頚腕症候群 首肩の痛み.痺れ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

29歳 男 会社員 ※※※※
(実名で問題ありませんので使って下さい。)

〇初めて施術をしていただいた時の感想
私が初めて先生のお世話になったのは、かれこれ数年前です。
その当時、仕事がデスクワークで座っていいることが多かったのですが、仕事を始めて5分程度左の肩が痛くなり、それがひどくなるとピリピリと痺れだすようになりました。そうなってしまうと仕事どころではなくなってしまい、良く肩を回してストレッチしておりましたが、段々そのストレッチも効果がなくなってしまいとてもつらい時期がありました。
その時に近場に整体がないかと無いかと探した時にらいしん治療院を見つけ、少しでも症状が楽になればという思いでいったのが最初で、それから定期的に通うようになりました。
私自身、整体自体行ったことが無く、イメージとしてバキボキ痛い思いをして治療をするイメージがありましたが、拍子抜けするくらい弱い力で施術をされ、当初「本当にこんな力で肩の痺れがとれるのか?」と思いました。先生曰く「数回施術を試していただいて、合う合わないを判断してください。」と言われ、騙されたと思って数日間隔で3回程通いました。すると、2回目が終わった辺りから肩の痺れが弱まり、3回目が終る頃にはほぼ痺れが取れました。
痛みの原因ですが、私自身の日々の姿勢(猫背)や、過去に複数回の交通事故、スノーボードでの骨折等、それにより体に歪みが蓄積された結果、左の肩に症状が出たのではないかとのお話をしていただきました。
先生曰く、「痛みの出る原理としては人間の体はある程度の不調(歪み)は自己修復能力で治し、痛みが出ないことがあるが、それを超えてしまうと痛みや不調が表面に出てしまう。」という事を伺い、その歪みを貯めない為のアドバイス(日々の姿勢の取り方、ストレッチの行い方、デスクの椅子の高さの調整の大切さ、枕の高さの調整の大切さなどなど・・・)を沢山いただきました。
今でもそれは日々実践しており、それでも歪みが溜まってしまう事もあり、長野から東京に転勤になった今でも定期的に先生の治療を受けています。(もうしびれるのは嫌なので・・・)

〇先生の人柄
先生と初めてお会いした時は寡黙で静かなイメージだったのですが、施術にて疑問に思った事(この処置はどのような効果があるのだろうか?等)を質問すると、親切丁寧にホワイトボードまで使って解説してくれました。また、通っている中でも施術方法・手順が変わったりしますが、先生なりに研究された結果の変更であり実践に基づいた判断であるので不安に思うこともなく、今ではとても信頼しております。

今後も通える限りお世話になりたいと考えております。よろしくお願いいたします。

b0168743_22580312.jpg

院長
この年齢で首肩の痛み痺れが出るにはそれなりの原因があります。
交通事故 スノーボードで骨折するくらいの体への衝撃は確実に体に日常生活上では発生しない歪みをもたらします。それが原因と思います。これからも体の使い方に気を付けていってほしいと思います。
たまたまこの方の通っていた美容室の患者さん


 


# by raishin_clinic | 2017-04-02 23:12 | 患者さんの声 | Comments(0)
飯田市 28歳 慢性腰痛 首の痛み 耳の痛み 顎の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声※掲載には許可を得ております
飯田市 28歳 慢性腰痛 首の痛み 耳の痛み 顎の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療


 中学生のころから腰痛に悩み、さまざまな整骨院や整体にかかり治療してきましたが、根本的に良くなることはありませんでした。社会人になり、学生のときと同じように体の歪みや、腰の痛みが気になりだしたとき、母からこちらの「らいしん治療院」さんを紹介されました。
 これまで他の治療院では電気の痛みに我慢したり、骨をボキボキ鳴らしたりする治療が多かったのですが、らいしん治療院さんでは治療で痛みをともなうことは全くありませんでした。始めは、これで効果があるのかなと半信半疑でしたが、それまでの痛みが消え、体の動きがスムーズになりました。本当に驚きでした。痛む個所の治療だけでなく、体の使い方や姿勢の保ち方、ストレッチの方法なども教えていただき、治療で直していただいた姿勢を保つことができています。
 腰の痛みだけでなく、あごや耳の痛み、車で事故を起こした後の首の痛みまで直していただきました。痛くなる要因を教えていただき、気持ちの面でも楽になりました。
 仕事先が飯田市にあり休日がほとんどないので毎週のように通うことができませんが、以前のように痛みに耐える日がなくなりました。また体の不調がでてきたときに、お世話になろうと思っています。ありがとうございました。

院長より
治療開始
1年半で10回ほどの治療。
痛みに耐える日がなくなるのはよかったですね。
治療効果だけでなく
普段の生活や体の使い方
気を付ける意識が高いと感じます。
・自分で自分の体を悪くする姿勢、動き、思考に目を向け、ストレッチ等の自己管理、セルフコントロール
・自分では何ともしがたい体の調整 治療
この2本柱で、気を付けていきたいですね。

b0168743_22462788.jpg



# by raishin_clinic | 2017-03-11 22:55 | 患者さんの声
上伊那40代 骨盤のゆがみ,ねじれ,足を組む カイロプラクティック オステオパシー 古武術身体操作

らいしん治療院 患者さんの声(患者さんの承諾を得ております)
来院時
・冷え症
・姿勢の悪さ
 足を組まないといられない
・視力低下
 テレビのぼやけ
 眼圧が高いといわれる


「日常生活が楽になるコツを教えていただいて」

 今年の2月、「冷え症」で我慢がならない状態になりました。怠け者のくせに治療だけに依存してしまう受け身の姿勢も嫌で、能動的に症状を改善できないかとの思いがありました。インターネットで調べると、以前から噂は聞いていた治療院の先生が「古武術」の指導者であることがわかり、治療と同時に身体の使い方も教えてもらえるかもしれないとの期待から、桑澤先生にお世話になることになりました。
 自覚症状は「冷え症」、「姿勢の悪さ」、「視力低下」でした。桑澤先生は初日からこちらの思いを汲んでくださったようで、治療の後、日常生活の改善のコツを教えてくださいました。「納豆のかきまぜ方」、「立ち上がり方、座り方」、「運転の姿勢」、「重い荷物の持ちあげ方」などなど。ちょっとした工夫で無駄な力を使わず、自分が楽になることばかりでした。その日から俄然日常生活が楽しくなりました。忙しい日常のなかで、試すことができるのです。翌月伺った時は、「台所での立ち位置」、「モップのかけ方」などのコツを教えてくださいました。そうするうちに、「テーブルの拭き方はこう?」「野菜を切る時はこう?」と自分でも日常の動作を工夫するようになりました。しばらくすると、思考の変化にも気づきました。必要以上に考え過ぎると、それに気づき身体を整え、結果的に気持ちを整えるようなこともできるようになっていたのです。
  勿論、身体の症状も改善が見えました。手は温かくなり、姿勢も良くなってきた気がします。最近では姿勢が悪いと違和感を覚えます。身体が形状を記憶しているような不思議な感覚です。目は治療後ははっきりするのですが、しばらくするとぼやけてしまいます。当然、長年の身体や思考の癖がまだまだしみついていますので、定期的に治療を受け、アドバイスをいただく中で、ゆるやかに改善していけたらと思っています。
今まで日常生活の動作について意識を向けたことなど全くなかったので、とても新鮮な毎日です。教えていただいたコツを1つ1つ自分の生活に落とし込み、楽しみながら軽やかな50代を目指そうと思っています!!



院長より

体を動かすことの感覚が高まって
自分でも工夫するようになる
これってとっても良いことで
結果的に
自信で自分の体を守ること
仕事の効率を良くする
事につながってくると思います

健康を作る、維持するには(または何かを改善していこうと思った時には)
○患者さん自身でできること
・体の動かし方、感覚、心・思考の状態に目を向ける、心・思考の状態
・相手、場に目を向ける
 (相手、仕事環境、生活環境、自分の置かれている環境、自分の役割)
・適度な運動、ストレッチ、体操、睡眠、食事等

○患者さんではでききれないこと
・発生した緊張、ゆがみ(患者さん自身で解消しきれないもの)を取り除く
→これは私の仕事です。

改めて二人三脚であると感じます。
# by raishin_clinic | 2016-07-21 16:22 | 患者さんの声 | Comments(0)
辰野町 45歳女性 頚肩腕症候群 首 肩甲骨の痛み 頭痛 めまい カイロプラクティック オステオパシー治療

らいしん治療院 患者さんの声※掲載には許可を得ております
辰野町 45歳女性 頚肩腕症候群首、肩甲骨、背中の痛み 頭痛 めまい 冬期の右腕の血の気のなくなる感じ カイロプラクティック オステオパシー 整体

3年前来院時
・首の痛み、ここ5-6年特に。痛みで夜、目が覚める時がある。
・肩甲間部(背中)の痛み、左は常に。
 ひどいと左肩甲骨、上腕、脇に痛みが及ぶこともある
・頭痛
・めまい 1回/3日 ぐらっと短時間数秒。ここ数年。
・冬期の右腕の血の気のなくなる感じ

患者さんの声
肩甲骨の左側が常に痛くやがて首や頭に痛みが来るほどでした。
また寝ている時でも頭が痛くなり、目が覚める事もありました。

そんな時に、知人にらいしんさんを紹介してもらいました。

実際に痛みのない施術を受けてみると、気持ちが良く、通っているうちに痛みが徐々に緩和され、気がつけば頻繁にあった頭痛や首の痛みがおさまっていました。
ここ数年では以前にあったあっちこっちの痛みが忘れてしまう程です。

今後は月1度の施術と自分でもストレッチを欠かせず、身体の調子をみていきたいと思います。

院長
定期的な施術を受けている方の中に
数年当たり前になっていた不調や痛みが、年齢を重ねるごとに軽減消失していくことが少なくなく、本来の体年齢、本来あるべき体の状態に近づく(体が若返る感覚)と感じさせてもらえる方は少なくありません。
年を取るごとに不調が増える、強くなる。当たり前になる
のではなく
年を取るごとに不調が軽減、消失し、当たり前になる以前の体に近づくことも起こりえます。

b0168743_16183665.jpg

# by raishin_clinic | 2016-03-28 11:45 | 患者さんの声
箕輪町 39歳 女性 慢性腰痛 繰り返すぎっくり腰 首の痛み 猫背 カイロプラクティック オステオパシー治療

らいしん治療院 患者さんの声
(※掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 39歳 女性 慢性腰痛 繰り返すぎっくり腰、首の痛み、猫背 カイロプラクティック オステオパシー

来院時(3年前)
・右首の痛み
・繰り返すぎっくり腰 2回/年(5月・11月)
・腰痛・腰のだるさ
などなど

 美容師という仕事柄、立ちっぱなしや無理な態勢での仕事のせいもあり、26才の時に歩行も困難なギックリ腰をして以来、月に2~3回ギックリ腰をしていた時期がありました。
 いろいろな治療院も整形外科にも紹介されましたが、特別改善されませんでした。
 らいしんさんに出会ってからは、当初痛くない施術にびっくりしました。とても気持ちが良く眠ってしまうほど。初めの時に先生が、「体がゆるむので、悪い所が出るかもしれません」とおっしゃり、案の定数日で首、腰に痛みが出ましたが、以前より治りが早かったです。
 それから2週間に1度のペースで通わせて頂くようになり、先生から体の使い方を教えて頂き、自分でも意識して体を使うようにして、1年位経つ頃、普段の生活で腰に違和感を感じなくなり、仕事もきつく感じることが少なくなりました。
 自分でも自信がつき、姿勢も良くなり立っていても腰に負担がなくなったように思います。
 これからもストレッチと先生の治療でキープしていきたいと思います。


b0168743_21253647.jpg


慢性腰痛や繰り返す腰痛は、何か必ず原因があり
・体の悪い所
(私が治療すところ)
・体の動かし方の癖
(患者さんが意識することで自分で自分を悪くしていることに気付く。場合によっては考え方の癖なども)
・仕事の内容
(少し環境を工夫すると腰にかかる負担が減ることがあります)

これらのことに目を向けて患者さんと一緒に取り組んでいきたいと常々感じております。
それによって
治療開始1年経つくらいから、1ヶ月に一度のメンテナンス感覚の治療で、よりよい生活を送れています。
また、定期的に5月、11月に発生していたギックリ腰や、首の痛みも発生していません。
# by raishin_clinic | 2016-02-25 16:26 | 患者さんの声
辰野町82歳 男性 腰痛・臀部(尻)・下肢の痛み、張り カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声(掲載には患者さんの許可を得ております)
辰野町82歳 男性 腰痛・臀部(尻)・下肢の痛み、張り カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

 16年前に股関節の両足を手術して普通障害者として生活しております。
 平成27年5月庭の小松の若芽を摘んでいて翌日に両足に異和感が生じました。(歩行に痛みを感ずる)2日後に西瓜の覆いが強風で飛ばされて直した時に腰、足に激痛が生じました。無理に作業を続けました。翌日から歩行困難、トイレ洗面はむりにも出来ません。2-3日休んでいましたが痛みは治まらず、ベットでの寝返り又じっとしていても痛みます。
 しばらくして妻が通院しておりました「らいしん治療院」で診療を受けました。先生はプロセスを順序良く聞き背筋を何回も手で背筋を上、下、しておりました。診療台に上向に寝て、痛い所には触れず肩、首、背筋など1時間治療しました。
 この様な治療が1ヶ月余過ぎて歩行が少し楽になりました。トイレ、洗面は使用法を指導されました。
 3ヶ月頃から歩行に痛みがなくなり、先生の指導で20分位の散歩をしました。この頃から痛い部位の治療が始まりまして、少しつづ先生の手がつ強くなりました。
 先生から先生から自然治療の本を見せてもらい勉強のため購入しました。この頃から腹の具合が良くなり便秘もなくなりました。
 1週間に1度が、2週間に1度となり農作業も徐々にする様になりました。
 この間、大阪の友達の招きで2泊3日の大阪行を実行しました。先生に細かく親切にアドバイスをして頂き無事に出来ました。感謝しております。
 2週間に1回ほどの治療を続ける内に先生との人生会話が弾み、一部は私的な事まで遠慮なく治療中にお話しすることが出来て勉強になりました。

b0168743_1613727.jpg

# by raishin_clinic | 2016-02-25 15:59 | 患者さんの声
子供に背中を踏んでもらい肘枕後から肩甲骨 腕 肘 手の痛み 痺れ発生 カイロプラクティック オステオパシー
 

らいしん治療院 症例報告※掲載には許可を得ております。人に(子供)背中を踏んでもらい肘枕後から 肩甲骨 腕 肘 手の痛み・痺れ カイロプラクティック オステオパシー

50代男性
首肩に違和感が生じて子供に背中を踏んでもらい、肘枕でテレビを見ていて急に右の背中、肩、腕、肘に激痛と痺れ(仕事を休むほど)が発生。1日たっても楽にならず来院。

腕への痛み痺れの多くは頸椎部問題から発生することがあり、頸椎可動(首を動かしてもらう)に伴う痛み、痺れの変化が見られます。この方の場合はそれが見受けられませんでした。
3日連続の治療で症状の軽減が見られ仕事をできる状態になり、10日後の4回目の治療時には手の甲の違和感程度になり、以前よりあった右膝に力が入らない状態も改善していました。

その2か月半は何事もなく過ぎ、昨日から肩に違和感が感じたので
今度は、子供に踏んでもらうのではなく
早めの来院。

首肩背中の症状
※子供に踏んでもらうことや
※打たせ湯
※肘枕
悪化するケースが見受けられ、お勧めしません。


頚、腕神経の神経痛は肩甲帯部から上肢へかけ広い範囲に痛み、痺れを引き起こすと考えられています。治癒過程において、神経痛の特有の痛み、痺れの部位は変化していきます。今回もそのように治癒していきました。


いわゆる神経による痛み、痺れの程度分け

軽症→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→重症
  違和感→張り感→重い・だるい→痛み→痺れ

感覚に個人差があり(多少前後、重なっているこもありますが)ますが、こんな感じかなととらえております。

※痺れ 
1回の治療で改善する痺れもあれば(いわゆる神経によるものではない)
数回かかる痺れがあるように思います。

# by raishin_clinic | 2016-01-10 15:40 | 症例報告
箕輪町 55歳 女性 手 指の痺れ 腕のしびれ 首 肩甲骨の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声(掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 55歳 女性 手・指の痺れ 腕のしびれ 首の痛み 肩甲骨の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

来院時
・常に手の痺れ 肘より先がしびれある
・寝るとき特に強い

 1ヶ月以上前から右手指先がしびれてそのうちに治るだろうと思っていましたが、さらにうでがしびれだして、病院に行こうか迷っていた時、会社の同僚から1度行ってみたらと言われ、最初は1週間から10日ぐらいの間隔で2,3回いってすこしずつ間隔あけて6,7回いったらほとんどしびれがなくなりました。
 今は月に1回体のずれをみてもらっています。
 うで、指のしびれはまったくありません。

b0168743_165389.jpg


1回目の後から睡眠時の痺れの消失
2か月後の8回目の来院時にはほぼ消失
# by raishin_clinic | 2015-10-15 16:07 | 患者さんの声
辰野町 74歳 女性 臀部(お尻・仙骨部) 脛(すね) 踝(くるぶし)痛み・痺れ(しびれ) 坐骨神経痛 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声(掲載には患者さんの許可を得ております)
カイロプラクティック オステオパシー治療
辰野町 74歳 女性 臀部(お尻・仙骨部) 脛(すね) 踝(くるぶし)痛み・痺れ(しびれ) 脊柱管狭窄による坐骨神経痛

H27 2月来院時
・H23 右股関節を手術
・H26 4月ぐらいから徐々に始まる
・体を起こして立っていられない(まっすぐ伸びない)
 ので、一人での来院が危ないとのことでご主人と一緒に来院
・寝て過ごしていることが多かった
・日常最低限の生活範囲で動いていた
・前傾姿勢、立てない(まっすぐ延びない)歩けない 
 歩いていると痛み・痺れが強くなる。
 休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)
 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛・前傾姿勢・間欠性跛行だと思われます
・仰向き寝で左もも裏が張ってきて横向きねになる
・イスで体を起こして座ると臀部の痛み・痺れ 丸くなって座る
・腰椎3/4の脊柱管の狭窄
 (MRIの写真のコピーを見させていただきました)


b0168743_9305729.jpg



坐骨神経痛と整形外科の診断でした。
ひたすら痛み止め薬を飲み、静かにしていましたが 良い方向にならず、突然痛みが深くなり、背をのばせず友達に聞き、らい診に参りました。最初は玄関を出ると元に戻りなかなか治りません。その内少しの道を歩いて、片道はよくなりましたが、帰りが痛くて。今6ヶ月診ていただき、そこそこの道も歩ける様になり、昨日も畑に出て股関節が痛くなりました。いつも風呂に入ると治りましたが駄目でした。教えていただいた、腰をまっすぐにする姿勢を繰り返しやっと治りました。台所に立っても、すぐ座すことなく、長時間良くなり、時に治療していることも忘れて生活できる様になり、本当に感謝で一杯です。

治療経過
・1回目の施術後から体を起こせるようになりはじめ、
・治療開始2か月 6回目には座時の痛み痺れの消失。少しづつ長く歩き始める
・治療開始3か月弱 8回目長く歩いても痛みがでなくなってきはじめる
・治療開始5か月 15回目長く歩くと疲れる程度になってきた
・治療開始6か月 ほぼ、日常生活が支障なく送れるようになってきて、
・治療開始7か月弱で 長く、早く歩くようにし始めているとのこと
# by raishin_clinic | 2015-10-15 09:36 | 患者さんの声
涼しくなってきて夏の疲れと寝腰(寝すぎの腰痛) 起床時の腰の重さ、腰痛 朝動き始めてぎっくり、腰痛

涼しくなってきて夏の疲れと寝腰(寝すぎの腰痛) 起床時の腰の重さ、腰痛 朝動き始めてぎっくり、腰痛

私の臨床を通しての
1つの考察・仮説であることを断わっておきます

2015夏の始まり前半はたいへん暑く、猛暑日(最高気温35℃)を記録した地点が続出し、
熱中症の被害も多く報告されました。
いったいいつまで続くのだこの暑さは・・・
と、思っていた矢先
お盆あたりから例年に比べぐっと過ごしやすくなりました
例年より圧倒的に残暑が少ないように感じます
徐々に変化する季節の対応は体はついていきやすいですが
急な変化は体がついていかず、いろいろ不調をきたします

寝苦しい夜がおわり、寝やすくなって、
夏バテぎみも回復してきましたが

急に増えた腰痛患者
例年より早く、圧倒的に多いいことを感じます

自分も寝苦しさから解放され、
寝やすくなったなーと感じていると同時に
起床時の腰の重さを感じている
気を付けて動いていかなければ・・・
腰を痛めてしまう・・・

さて
寝腰(寝すぎの腰痛) 起床時の腰の重さ、朝の腰の痛み 寝腰 朝動き始めてからぎっくり腰
はいつの時期でも発生します

・からだ(蓄積疲労、過緊張、ゆがみ)
・睡眠条件(睡眠時間・睡眠の質、気温・室温、寝具)
など

今年は、例年より早く、圧倒的に多いこの寝腰の原因として
睡眠の質の急激な改善があるのでは?ということ

暑く寝苦しいときは起床時、睡眠感覚は浅く、足りていないように感じている人が多いいかとおもいます
涼しくなってきて、起床時、睡眠感覚はよく寝れると感じている人が多いいかとおもいます

・レム睡眠・ノンレム睡眠は気温での変化※
・各睡眠にはリバウンド現象がある(足りない分を補おうとする、)

以下考察
1、寝やすくなって、時間的に多く寝てしまうケース
 休みの日などはできるだけいつも通りに起きて、短時間の昼寝がおすすめです。長く昼寝をしすぎると、また宵寝をすると夜寝られなくなり生活のリズムが狂います。

2、同じ時間寝ているはずなのに起床時腰が重い、一時的に休まりすぎているケース
 こちらは同じ時間寝ていても、暑ぐるしさからの途中覚醒がなくなり、睡眠のリバウンドによる睡眠の質が良くなったため、同じ睡眠時間でも体が一時的に休まりすぎている状態、と考察します。リバウンド分がなくなれば、通常に戻ってくるかと思います。


実際の動きはじめ
1、2、共に寝起きは腰は、直立姿勢の形にはなっていないので、ベッドに腰掛けるなり、正座するなりして腰を、直立に近い状態になるようにゆっくり確認して動かしていきます。

簡単に言ってしまえば、
季節の変わり目は不調をきたしやすい
動きはじめを丁寧に、急に動き始めないということ


※参考文献
水野一枝 高温環境と睡眠  被服衛生学,第31号,2-9(2012)


【けんこう通信】Vol.19:夏の疲れと睡眠


【けんこう通信】Vol.03:健康は睡眠がつくる?
も参考にご覧下い。
# by raishin_clinic | 2015-09-07 17:27 | 不定期記
伊那市 57歳 男性 腰椎椎間板ヘルニア 臀部の痛み 踝(くるぶし)の痛み 腿(もも)・脛(すね)の張り 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声※掲載には許可を得ております
伊那市 57歳 男性 腰椎椎間板ヘルニア(整形外科で診断される)
尻(臀部)の痛み 踝(くるぶし)の痛み 腿(もも)・脛(すね)の張り カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

1.通院前の症状
 左足に激痛があり、歩行も困難でした。整形外科の病院に行き、椎間板ヘルニアと診断されました。治療法は、痛み止め薬をいただきました。
 薬が効いている時間は、日常生活も可能でしたが、薬が切れてくると傷みが増し、歩くこともできませんでした。
 その状態で、1ヶ月我慢しましたが、痛みは治まらないので、手術を覚悟していました。
 インターネット見ているうちに、整体でヘルニアが改善したという記事をみつけ、整体がだめなら、手術を覚悟しようと考え、貴治療院に電話をしました。特に評判を聞いていたわけではありませんでしたが、インターネットの記事の中にヘルニアの治療と書いてあったので、電話をし、改善できるかと聞いたところ、治療が合う方ととそうでない方がいるので、一概に言えない、との返事でした。
 誠実な対応に、通院を決めました。

2.通院後の改善
 1回目の治療の中で納得したのは、ヘルニアがあると思われる個所の椎間板の間を広げるような治療(実際には確認したわけではありませんが)になるほどとおもいました。治療帰りは、非常に楽で、このまま良くなるのかと思うくらいでした。
 しかし、翌日の朝には元通りの痛みがあり、残念に思いました。
 2回目の通院は、1日置いた2日後でした。このときも、帰りは楽でしたが、次の日はやはり痛みがありましたが、なんとなく軽くなったような気分になりました。
 3回目の通院は、やはり1日置いたあとです。3回目の治療の翌朝は、痛みはかなり薄らいできて、今まで1日に2回飲んでいた痛み止めを、痛みが我慢できなくなるまで飲まずに過ごすことができるようになりました。その結果、2日後には、1日に1回の痛み止めの薬を飲むだけで過ごせるようになったのです。
 また、治療の翌々日に出張もあったので、その際の注意事項として、タオルを巻いたものを背中に入れる良い、蹲踞の姿勢がよい、とのアドバイスには、本当に助けられました。
 4回目の通院は、1週間後でしたが、この通院後は、痛み止めの薬を飲むのをやめました。そしてこのときのアドバイスとして、姿勢を保つ方法を教えていただきました。
 その方法を実践していたところ、痛みはほとんど消えてきました。
 ただし、4回目の治療を受けた次の日は、体がだるく感じ、足の痛みも再発した感覚がありましたが、その翌日には、痛みは消え、薬を飲まなくても過ごせるようになりました。
 5回目の通院は、4回目の通院後1週間後でした。このときは、大分良くなってきており、薬は4回目の通院以後は飲まなくても全く問題はありませんでした。しかし、体が硬くなったような感じがあり、治療していただくことで、楽になったような気がしました。

3.感想
 最初に通院した時に「何回くらい通えば痛みが遠のくのか」との質問に、「5回から10回くらい」と答えていただきましたが、その通りとなり満足しています。姿勢を良く保つことが腰への負担を軽くすることだとアドバイスをいるので、意識して姿勢を良く保つようにしています。
 今は、一か月間痛みが続いたので、その回復も時間がかかるのか、手足の先に違和感を感じることはありますが、手術まで覚悟した身としては、大変安堵しております。こちらを探し当て、治療を受けられたことに満足しています。
 
以上

b0168743_10292512.jpg



院長より
よくよく感じること
・治療でからだの悪いところを治す(私ができること)
・からだの負担になっている動作の改善(患者さんができること)
・からだの負担になっている環境の改善(患者さんができること)
よい状態で老化を迎えること


手術で、
痛みを引き起こしている椎間板を取り除いて改善しても
患者さん自身で
からだに負担になっている動作・環境を改善しなければ
再発しやすい。し、再発はよく耳にします。
そもそも、ヘルニアになるには
そこへの負担があるわけで
ヘルニアも
そこへの負担を減らす環境・動作を考えなければ
そこへの負担はかかり続けるわけで


姿勢が悪いのを
腹筋、背筋で固めて

良い姿勢を作る感覚は養われません
悪いものを筋肉で固めても
筋肉が落ちたりすれば...


そもそもの
筋肉に頼らない
姿勢保持・維持の感覚
バランス感覚
をとりもどすことが先かとおもいます。


痛みを解消するには
筋肉トレーニング!
と洗脳されている感がありますが
確かに、筋トレで、改善するものもあります。
しかし、
筋トレが症状、状態
によって的確かというと
そう感じないことが多々あます。
(筋トレが的確な時期もあります)
が、
まず動作のトレーニングや体操で改善することがあります。
今回も腹筋背筋のことは尋ねられました。

今回のいたみの教訓としては
なにも意識しないで10年かばって過ごす
姿勢やケアを意識して10年過ごす
大きな差が出始める年代です。
今後は、症状の再発防止と良い状態で年齢を重ねてもらいたいものです。
定期的な治療と、ご自身のケア・意識次第で
年齢を追うごとによくなる方は多くいらっしゃいますので。
# by raishin_clinic | 2015-05-27 23:45 | 患者さんの声
箕輪町 高校 男性 テニス歴11年 自転車転倒後の痛み・歪み 肩関節痛 背中 腰の痛み カイロプラクティック

らいしん治療院 患者さんの声(母) ※掲載には許可を得ております
箕輪町 高校生 男性 テニス歴11年 スポーツケア 肩関節痛 背中の痛み 腰痛 カイロプラクティック 整体治療


 中学2年生の冬頃より肩 腰 背中など、どこかがいつも痛いような状態。
近くの接骨院、整形外科などそのたび受診、電気治療を繰り返すが、しばらくたつとまた痛む。中3夏以降は受験の為半年ほどテニスを休み、その間によくなるかなと思うも、3月末~4月の練習で、また同様な痛みになり、練習も試合も思うように出られず。あまりにくりかえすため、ネットで整体を検索していて来院。
1回目、過去何かの原因で2か所ゆがんだ背骨をまっすぐにしてもらい、他、1時間半ほど施術で、まっすぐ上がらなかった肩も、腰の痛みも楽に。1週間後も背骨のゆがみがもどらずに驚きました(正直なところ)。7、8割の程度でサーブも打てるようになり、練習や試合を休むことがなくなりました。
施術の詳細は分からないですが、一番うれしいのは、テニスに限らず日ごろの生活の中での関節の使い方や姿勢を教えてくださって、本人の意識が変わるようになったことです。
疲れがたまったり、大会前後で調整しながらかかっていきたいと思います。


b0168743_1332494.jpg



来院時
・右肩関節痛
・背中の痛み
・腰痛
・中学2年生冬に自転車で大転倒、熱が出て寝込む
 それくらいの時期から繰り返す故障


院長より
初診は問診、検査等で1時間半ぐらいでしたね。
自転車の転倒によって引き起こされたであろうゆがみが、いろいろな所へ痛みを引き起こしたのだと思われます。過去にも、このような学生の方いらして。治療により体をよい状態にして練習にうちこみ、試合欠場もなくなり、県代表になった方もいます。

一生懸命打ち込んでも、
体のゆがみが原因で痛みや故障を繰り返すケースもあり
からだのゆがみがパフォーマンス、能力を下げていることがあるように感じます。

休む
練習不足を
オーバーワークでカバーしようと
痛み
怪我
悪循環に落ちってしまいます。

 高校1年の昨年時は痛みのため棄権した試合もあったと聞きます。
痛みのため練習を控えていての高校2年の4/1から治療開始して
5月の試合 ジュニア・インターハイと県大会にコマを進められ、
治療のかいがあったかとおもいます。
 県大会ベストが出せますように、また集大成である高校3年生に向けてベストの状態にできるといいと思います。
# by raishin_clinic | 2015-05-21 20:35 | 患者さんの声
頭の中で音がする・頭鳴り 頚椎(首)問題から生じる高血圧、首肩 背中 肩甲骨・肩がジンジン痛む 整体治療
 
らいしん治療院 臨床からの考察
頚椎(首)の問題から生じるうるであろう高血圧
(掲載には患者さんの了承を得ております)
箕輪町 60代女性  伊那市 50代女性

症例1
62歳女性
H25年秋から
・左肩甲骨の痛み
・左の頭の中でシンシン音がする
・12月末に検診を受け190/95mmHgと判明
 投薬開始
・疲れやすくすぐ横になりたい
・ホルモン検査異常なし
・交通事故経験あり

・むちうちによる肩がジンジンする痛み、めまいが改善した方からの紹介


H26 1月末から当院にて治療開始
1回/1weekの頻度で治療開始
初診翌日から
肩甲骨の痛み消失
頭の中で音がする症状の消失
1回/2weekの治療間隔にしていき
8~9回目の4月上旬・下旬には
疲れやすさ・すぐに横になりたい!
がほとんどなくなる
4月のDrの検診時には血圧投薬量を減らし、薬からの離脱に至る
(Drの診断のもと)

徐々に定期的な体調管理の治療間隔1回/3~4weekに移行
1年たち上記症状の消失


症例2
50歳女性
・股関節の痛みで来院
・起床時の高血圧 
 上が150mmHg~164mmHg 内科へ受診、投薬せずしばらく経過観察とのこと

治療と寝方の検証
治療翌日から血圧の正常化

1ヶ月後・2ヶ月後、血圧は130mmHg台である


若い40-50歳から血圧が高くなり始める方がいます
動脈硬化によるものとしては若すぎる・・・
ある程度の年齢によって動脈硬化による血圧の上昇であれば納得できるが(生理的な高血圧と私は捉えています)・・・
なので、若年性の場合にはまず、
高血圧を引き起こす疾患を疑います。
しかし原因は多々不明である事が多いいです。

高血圧を引き起こす疾患が見つけられない場合は原因不明の高血圧として(本態性高血圧)全高血圧症患者の90-95%を占めます。

一般に高血圧は
本態性高血圧
原因が明らかでない高血圧を本態性高血圧と言い、全高血圧症患者の90~95%を占める。
 40歳以上の高血圧はほとんどが本態性で、遺伝性・身内の高血圧や、肥満、塩分、アルコール、ストレスなどで、いわゆる生活習慣病の分類にされていて、生活習慣の改善が必要とされています。
二次性高血圧
二次性高血圧症は全高血圧症患者の10%以下であるが、原因(基礎疾患)が明らかで、種々の疾患により他の症状と併せ症候として高血圧を示すものをいう。なので治療は基礎疾患の治療になります。
腎性高血圧、内分泌性、心血管性、神経性高血圧症などなど。

以下
私の臨床を通しての
1つの考察・仮説であることを断わっておきます

原因不明の高血圧症の中の数%に頚椎(首)の問題から生じる高血圧があるのではと考察します
というのも
血圧が高い方全員下がるというわけではないのですが体のゆがみを取り除く治療によって血圧が下がる方がいるので
体のゆがみから、不必要に血圧を上げざるを得ない状態を引き起こしている場合があるということです

血圧を一定に保つために体のあちこちに血圧測定器官が存在します。そのうちの1つに、頸動脈に存在します。頸動脈洞といいます。
頸動脈洞は脳への血圧が高くなりすぎないようにするための調整感知機関です

血圧を一定に保つための目的の1つ

脳への血液量、供給を一定量確保しないといけない
脳は体の中で一番高い位置にあり適切な圧力がないと届けることができない
脳は酸欠に弱く一定の脳の血液量を確保するために
・1回の拍出量(血圧)を上げる(生理的高血圧と私が勝手に言ってます)
(他にも心拍数を上昇させる・多血にさせる等々あります)

脳への血液を運ぶ動脈は二種類の左右計4本の4ルートで確保されています
①頚椎(首の骨)の外にある頸動脈
(頸動脈の方はよく知られていると思います。首の前側で拍動を触れられます)

②頚椎(首の骨)の中にある椎骨動脈

頸動脈は主に脳の前部・中部
椎骨動脈は主に脳の後部

脳内ではたがいに連絡しあい
いろいろな脳部分への血液供給を均一化できる※
(※均一化できるとも、連絡は弱く完全に補完できないとも言われています)

つまり、頚椎のズレていて、椎骨動脈がストレスを受けていても、血管の柔軟性があるうち、耐えられるうちは椎骨ルートの血液供給が維持できる
いよいよ維持の数パーセントが難しくなっていくと
頸動脈ルートによる血液供給依存度が高まり
頸動脈洞の脳の血圧を下げる働きが抑制され、血圧が高めにセットアップ(設定)される


頚椎のズレから首肩の痛み痺れ頭痛めまい耳鳴り頭の中で音がする不眠(入眠・断眠)などなど等々等々
治療によってこれらが改善するケースが少なくありません

その中に
“ 初期の高血圧症も引き起こされているのでは?”ということ
原因不明の高血圧症が改善したケース(薬からの離脱・投薬開始の回避)

頚椎問題から生じているであろう初期(セットアップ前)の高血圧状態は改善する可能性があるということ

いよいよセットアップが長期固定化されると本格的な高血圧に移行すると考察する
初期の高血圧状態が長く続くと血管自体を固くして血圧を高く維持するように働き本格的な高血圧に移行すると考察する

血圧が高くなり始めた時に
2次疾患を探す(Drができること)
生活習慣の見直し(患者自身ができること)
体のゆがみを改善すること(私ができること)

# by raishin_clinic | 2015-01-14 16:17 | 症例報告
伊那市 49歳 女性 変形性股関節症 股関節の痛み 古武術身体操作 カイロプラクティック オステオパシー 整体
 
らいしん治療院患者さんの声(※掲載には患者さんの了承を得ております)
伊那市 49歳 女性 変形性股関節症 股関節の痛み 古武術の身体操作 カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

 股関節が痛いままずっと無理をしてスポーツを続けていましたが、ついに我慢できなくなり整形外科へ。
変形性股関節症と診断され、それもかなりすすんだ状態で、骨嚢胞もできていると言われてしまいました。
 すぐにでも杖を使って生活し、負担を軽くした方がいいとも言われました。股関節をかばって動いていたせいで、ふくらはぎの外側や腰など他の場所も痛くなってしまい、痛さからか頭痛もして、夜も寝られない状態で本当に辛くなっていました。
 今まで整体などあまり行ったことがなかったのですが、先生とは以前から知り合いだったこともあり、治療院へ行ってみました。1回の施術で張りがとれ、かなり楽になりました。それから2週間ごとの治療でだんだんと良くなり、日常で痛みを感じる時間が、どんどん減っていきました。
整形外科では、「痛い時に、痛み止めを飲み、できるだけ股関節を使わないよう大事にして下さい」と言われただけでしたが、治療院では、日常の姿勢や、体の使い方などの細かいアドバイスもしていただき、それを積極的に試してみたら、さらに良くなっていきました。痛みに慣れてしまって、あきらめていた自分を反省し、方法はあるんだと思えるようにもなりました。
 そして、らいしん治療院に行けば痛みが治ると思うと、憂鬱な気持ちもなくなり、精神的にも痛みが軽減したような気がします。
気持ちの上でも前向きになれたことは大変うれしかったです。
 また、先生は古武術をされていることもあって、幅広い知識からいろいろと教えていただけました。大事にしすぎず、筋肉を鍛えて痛みと上手につきあえるようになったの先生のおかげです。
 これからも少しでもいい方向に変われることを信じて、がんばっていきたいと思っています。
 今後共、宜しくお願い致します。

※USBで頂いたのでそのまま転載。

院長より
  変形性の関節症は進行していくものを、いかに現状維持をしていくかがカギになっていきます。
幸い治療により痛みの軽減が見られ、ご自身の努力によって筋肉の衰退も回復してきました。これからも良い状態の維持や、さらなる改善に生活気をつけていただきたいと思います。
# by raishin_clinic | 2014-11-22 00:13 | 患者さんの声
佐久市 男性 79歳 交通事故後遺症 むちうち(頸椎捻挫) 首肩の痛み 腕の痛み 腰痛 交通事故治療
らいしん治療院 症例報告 ※(掲載には患者さんの許可を得ております)

佐久市 男性 79歳 交通事故後遺症 むちうち(頸椎捻挫) 首肩の痛み 腕の痛み 腰痛 尻の痛み 交通事故治療

・交通事故追突・玉突き事故(真ん中)から10ヶ月
・初診時
じっと立っていることができず、(本人気付いていませんでした)
左によじける感覚があるため右手でポールにつかまっていたい とのこと
(痛みのためにじっと立っていることができない方は多々いますが、この方は無意識のうちに重心が左に許容範囲外に外れすぎています)

b0168743_1054977.jpg




初診治療後からポールを持ちたい感覚の消失
(重心の位置が許容範囲内に収まってきてくれました)
首肩腕腰の症状の軽減
1週間の間隔で治療

4回目の受診時には上記症状の解消



以降2週間3週間を開けて様子を見てもらうが
受診時の症状や、一進一退の状態がなくなる

b0168743_1042930.jpg

# by raishin_clinic | 2014-10-17 10:29 | 症例報告 | Comments(0)
下伊那郡 女性 体の歪み・ウェスト・くびれの歪み・ねじれ カイロプラクティック オステオパシー 整体治療
らいしん治療院 症例報告 ※(掲載には患者さんの許可を得ております)
下伊那郡 女性 体の歪み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

来院時主訴
・体の歪み
・疲れやすい
長く立っていられない
長く座っていられない
特に気になる痛みはないようですが、、、

・交通事故10年前


初診治療前
b0168743_21394669.jpg



初診治療後
b0168743_21405328.jpg


10日後の2回目の診療
・座っていてお腹の筋肉痛になる感じが減ったようです
・就寝中、うつぶせ寝を感じることが無くなったようです
(交通事故を経験した方に仰向け寝がしにくくなる傾向があります)

座った時に猫背になる理由の一つに
体を起して座ると、痛みや違和感が発生するため
それを嫌い、積極的に無意識に猫背になる方がいます
体の歪みを消すと体を起しても
痛みや、違和感が発生しなくなります

この方は体を起して座ろうとすると
肩の張り感と歪みが発生するために
無意識に積極的に猫背になっていました

1回目の治療後は体を起こすと肩の張り感が誘発されます
2回目の治療前は積極的に体を起こすと肩の張り感が誘発され
歪みが発生しています

10日後治療前
b0168743_2143070.jpg



10日後治療後
b0168743_21434450.jpg


2回目の治療後は自然と体を起こすと肩の張り感が消失
からだを起しやすくなりました、写真では歪みも消失しています
が、負荷をかけると歪みが出現します
余裕ある本来の体を取り戻すにはもう少し治療が必要に感じます
# by raishin_clinic | 2014-09-24 21:45 | 症例報告 | Comments(0)
箕輪町 50歳 男性 繰り返す腰痛 イスに座ると腰痛 腿(もも)の痺れ(しびれ) カイロプラクティック 整体治療
らいしん治療院 症例報告 ※(掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 50歳 男性 繰り返す腰痛 イスに座ると腰痛 腿(もも)前の痺れ(しびれ) オステオパシー カイロプラクティック 整体治療

1ヶ月前より腰痛の発生
整形外科では大きな問題も見つからず
鎮痛剤で緩和
1週間前よりひどくなっていく
座ると腰痛の増強、とにかく痛い、
イスから立つ時も痛みの増強

4回短い期間に治療
腰痛の改善・解消
予定していたバス旅行もキャンセルすることなく行ってこれた
5回目の治療の時には腰より上半身の疲れ感を訴える

日常生活・仕事の支障が無くなったので
治療間隔をあけて定期的な治療に移行
定期的な治療の目的
繰り返す症状を引き起こすタネを取り除いていく
日常から発生する疲れ・ゆがみの解消により若い姿勢の維持


治療前

b0168743_12115860.jpg



治療後
b0168743_1212351.jpg

# by raishin_clinic | 2014-09-16 18:10 | 症例報告 | Comments(0)
箕輪町 50歳 男性 繰り返す腰痛 臀部(お尻)痛 首 肩こり 張り 腕 手の痺れ カイロプラクティック 整体治療
らいしん治療院 症例報告 ※(掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 50歳 男性 繰り返す腰痛 臀部(お尻) 下肢の痛み 首・肩こり、張り 腕・手の痺れ(しびれ) カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

〇短期間にひどい腰痛を繰り返していて、治療とからだの動かし方によって改善した同僚の女性からの紹介

〇繰り返す腰痛
〇朝から急に腰の痛みが始まる
〇右尻~右下肢への痛み
〇過去に手の痺れ
〇痛みのためからだを起すことができない(写真 上)

1-2回目の治療後、臀部(尻)~下肢の痛みの消失
3-4回の治療でほぼ解消
からだも起こすことができるようになり、膝でかばっていた緊張もなくなる
(写真 下)
様子を見てもらい、次回は電話で

5回目の来院時には、田植え後の疲労と肩こりで来院

さて、腰の痛みで来院しましたが、悪いのは腰だけではなく
腰の痛みが治まってきて、からだを起すことができるようになってきた時
首肩・肩甲骨の張りや・違和感の出現
(写真 下)

過去の首肩腕手の痛みやしびれが
(首肩腕手の痛みやしびれの原因は首)
完治されていた訳ではなくからだを丸くしてかばい
症状の鎮静化を図っていただけのように感じられます
腰を丸めていると腰には後ろ方向の力が加わり、負担になります
そのことも今回の強い腰痛発生に関与していたと考えられます
裏付けとしては、
・治療中に首肩・腕・手の痺れの出現
(治療していると過去の悪かったところが出てくることがあるからです)
・歯科治療中に肩の痛みの出現
(首の悪い人は歯科治療・美容室の利用中・後から痛みの出る方がいらっしゃるからです)

からだは悪いところや痛みをかばったままであると
かばったところに痛みが発生してきます
写真上のように丸くなったままでいると
次にかばうところは膝でかばいます
順に老化の姿勢の変化をたどることになります
50歳でそのルートの促進は早すぎます

(写真上)
腰が痛いので丸くなってかばっています

b0168743_10104118.jpg





















(写真 下)
治療によって腰の痛みが無くなり、からだが起こせるようになってくると
首肩・肩甲骨の張り・違和感の出現
(丸くなっていると腕や手の痺れを引き起こす首の原因を刺激しなくてすむから)
その辺もきちっと改善していかなくては
からだに本来あるべき余裕が出てきません

b0168743_10115251.jpg

























治療の目的は
痛みを取りのぞくことだけでなく
本来のからだ年齢に近付けることでもあり
本来のからだの能力を取り戻すことでもあり
老化を遅らせることでもあり
ご自身で気をつけられること・気付きの切掛けでもあり
健康維持、予防、からだのメンテナンスでもある




# by raishin_clinic | 2014-06-26 11:07 | 症例報告
伊那市 中学生→高校生 女性 スポーツケア バドミントン 尻もち 腰痛 頭痛 顎の痛み カイロプラクティック 整体治療

らいしん治療院 患者さんの声(母) ※掲載には許可を得ております
伊那市 中学生→高校生 女性 スポーツケアバドミントン 尻もち 腰痛 頭痛 顎の痛み カイロプラクティック オステオパシー 整体治療

来院時情報
〇大きなしりもち
小学6年生時

〇腰痛
中学生1年から繰り返し 
特に冬場が良くなく、
試合にも出られなくなり、
ダウンすることがあり、
高校の部活の練習に不安を抱える

〇頭痛
緊張すると・たてこんでくると
生理時

〇顎の痛み
たてこんでくると口を開ける時痛い

〇義歯
7歳の時に前歯折る

患者さんの声(母)
 娘が中学一年生の頃冬に、腰痛、ぎっくり腰になりました。小学校よりバドミントンをやっていて、ほぼ毎日練習。そのギックリ腰は、いろんな整骨院に通っても、長引き、直っても、しょっちゅう痛みが再発し親子共々つらい思いをかかえていました。

 らいしんさんに通い始めたのは、受験が終わり、高校入学前の3月からで、高校でもバドミントンを続けたい。という娘を、何とか今のうちに・・・少しでも治してあげたいという思いからでした。
 実は娘は、小学校6年の秋、試合中にコートうしろにしいてあったマットにつまづき、ものすごいいきおいで、しりもちをついたことがあります。暫く痛みもあったようですが。その半年後、とても強い痛みがしばらく続き、その冬から腰痛、また試合中は頭痛に悩まされていたようです。
 らいしんさんに通い始めて、(はじめのうちは、頻度は多かったです)高校のきつい練習でも、筋肉痛にはなっても、ぎっくり腰までの痛みはなくなったようですし、試合中の頭痛もあまりしなくなったようです。これもらいしんさんのおかげかナーと、思っていました。
 ただこの冬油断といいましょうか、なかなからいしんさんに連れて、来ることができなかったためか、頭痛が出るようになってしまいました。
 また、治療していただかなくちゃですねー。


院長感想
3月初めぐらいに来院
尻もちからの腰痛・頭痛発生は少ないケースではありません。
義歯があったため、あわなくなる可能性が発生し、調整が必要になることも告げ、治療。初診の治療翌日に、義歯が外れる。
はじめは1週間に一度くらいの間隔で治療を継続。
徐々に伸ばしていき1ヶ月に一度のケアに。
1月まで定期的にケア
腰痛・頭痛・顎の痛み軽減消失。
冬場の腰痛でダウンすることもなくなる。
かつての腰痛の湿布焼けのあともなくなったよです。

知人や周囲で、痛みが原因で部活を休んだり・辞めていくお子さんがいらっしゃるようです。
月に一回のケアをしていた効果はかなりあったかと思います。

1月末くらいに風邪をひき、顎の痛み・頭痛がではじめる。
また1ヶ月に一度くらいのケアを再開。
バドミントンも大変ハードな競技だと感じます。



b0168743_20293723.jpg






# by raishin_clinic | 2014-06-19 20:34 | 患者さんの声
箕輪町 37歳 首の痛み 肩甲骨の刺す様な痛み 骨盤の歪み・ウェスト・くびれの歪み・ねじれ 整体治療
 箕輪町 37歳 女性 首の痛み 肩甲骨の刺す様な痛み 骨盤・ウェスト・くびれの歪み・ねじれカイロプラクティック オステオパシー 整体治療
症例報告(※掲載には患者さんの許可を得ております)

1週間前より首の痛み発生。整形外科ではレントゲンで問題なかったようです。1週間痛みが改善せず、来院。

・仕事は座業
 ここまで明確なゆがみがあるといろいろな痛みを繰り返します

・19-20歳くらいに交通事故(運転中追突、フロントガラスに頭から当たり気を失う)
 過去の交通事故後遺症・ムチウチの首のダメージは後々から症状を引き起こします
・出産後から不調が増える
 ウェスト・くびれの歪み・ねじれが見うけられます
 ※出産後から
 体調が悪くなる人(出産を機に歪みが発生するケース)
 体調が良くなる人(出産を機に歪みが改善するケース)
 どちらにしても育児の疲れ・体の使いかからの種々症状は発生します。

・ここ2年、寝違えを繰り返す
・頭痛
・骨盤の歪みが気になる

とのこと

仕事が座業であるので座時の歪みの確認

初診時治療前b0168743_23115155.jpg





初診時治療後b0168743_23141855.jpg





2回目治療前b0168743_2320221.jpg





2回目治療後b0168743_23212920.jpg



1回目の後から首の痛み・肩甲骨の刺す様な痛みの軽減・消失
2回目(翌日)の後から首の痛みの消失
2回目の治療終了時、
ほぼ痛みがとれれば満足する方のケースはここで終了であるが、
もう少しからだを良い状態にしたいということなので
継続治療し繰り返さないからだをつくっていく

3回目の姿勢は2回目の治療終了時とほぼ変わらず写真には映らないゆがみ・緊張を改善していく

患者さん自身でしかできないこと
患者さん自身ではできないこと(治療でしかできないこと)
両輪がかみ合って健康を手に入れていただきたいと思います
# by raishin_clinic | 2014-05-18 23:29 | 症例報告
長野県 小学生 チック症 歯の矯正と歪み 肩甲骨・肩の痛み オステオパシー カイロプラクティック 整体治療

らいしん治療院
患者さんの声(母)※掲載には患者さんの許可を得ております
長野県 小学生 チック症 肩こり 肩甲骨の痛み 歯列矯正 オステオパシー カイロプラクティック 整体治療

b0168743_21122174.jpg


 まじめで神経質な子だったためか、保育園の頃よりチックの症状がありました。(目をパチパチさせる)
1年生になり肩こりを訴え、夕方になると左の肩こう骨周辺をマッサージしてほしいという毎日。お風呂上がりの後、ストレッチをさせても、なかなか痛みも改善せず、左の肩をひんぱんに動かしたり、首を回すなどのチックが出てきました。
「チックは気にしなくて良い」
と、小児科の先生や保育園、小学校の先生から言われ続けていたので、様子を見ていたのですが、運動大好きな子で、毎日体ばかり動かしている小2の男の子の肩こりは、やはり心配で来院。
 1回目の治療後、ピタッとチック(首回し、左肩上げ)が治まる。治療の次の朝からとにかく、きげんが良い。毎朝学校へ行くのを嫌がり、途中まで送って行くのが日課だったのですが、次の朝は気がついたら自分一人で登校し、その日以来、ぐずりもせず行きます。
「性格だからしかたがない・・・」
と思っていたのに、体調不良の訴えだったのかもしれません。
 子供自身は、症状が改善したとは言葉にしませんが、母親から見て(父親もびっくりしていましたが)大きな変化を感じています。

※小学校1年生の時に歯列矯正開始

※2回目の治療までの3週間
・マッサージをせがむ事が無くなったそうです。
・週に1日、必ず12時間寝ないといけない日があったのが無くなったそうです。


院長より

子供の場合(子どもに限らず大人にも当てはまりますが)、何気ない動作やクセは体に内在する何かを表現している場合もあると考えます。心の・体の居心地の悪さ・不快な感じ等。当然、痛みや不調・病気もひとつの表現と考えます。言葉で的確に表現できなくても動作や機嫌の善し悪しで注意深く見ていると体や精神状態は測り知ることはできます。その辺の私の考え方や治療の反応を見てもらうことを伝えました。

 治療により体のゆがみ・緊張を解消することで、チック症状の軽減・消失安定が見られることを考えると体のゆがみ・緊張がチックの原因!とまでは言いきることはできませんが、1つの要因であることは考えられます。
(ゆがみがあればみんなチック症状を出してしまうということになってしまいます)
(チック症の原因にゆがみ・緊張・歯列矯正からのストレス が増悪・引き金になっている可能性も考えることはできます)
 チック症の原因は確定されていませんが、脳の基底核におけるドパミン系神経の過活動仮説が提唱されています。また、精神的ストレスで悪化するなど、症状の増悪に環境要因が関与しています。
治療医によりゆがみや緊張が解消され、原因を体が許容できるようになってきたのかもしれません。
または、体が原因を改善する方向へ少し動いてくれたのかもしれません。

歯科矯正からのストレス
今回は歯列矯正時期と体の不調を訴える時期が近いため、
体の不調を増強させていた1つの要因とも考えられます。
歯列矯正中に体の歪みを調整する必要が生じると言っている歯科医もいらっしゃいます。
歯からのストレスがからだをゆがませ、不調をきたすことがあるということを確認している歯科医もいらっしゃるということです。

事実、歯の治療の後から痛み・体の不調を引き起こす患者さんは少なくなく
・治療を受ける姿勢が体に負担になる
・仮歯などの為に片咬みになる
・詰め物が合わず咬み合わせが狂う
 逆に体を治療して咬み合わせが良くなる事はざらにありますし、歯は歯、体は体。別物ではないということです。
・歯列矯正からの頭蓋骨へのストレス・ゆがみの発生

・歯科治療とは異なりますが、生える・抜けるとものもストレスになり得ることがあります
他の小学生のお子さん2-3年のつき合いになりますが、歯の抜け・生え換わり時期にいろいろ症状が出てきて、治療で解消しています。
などなど
と臨床を通して感じています。



今回の歯列矯正は必要なものであったと感じます。
歯列矯正がすべていけないというスタンスではおりません
歯科医師の先生のなかに、歯の治療(歯列矯正や欠損歯の補充、嚙み合わせ等の治療調整等)から、体の不調が改善、消失することも確認し、歯と体のつながりを確信し発信ている先生もいらっしゃいます。東京での治療時代は歯列矯正と並行して治療している患者さんは何人もいました

治療前
b0168743_2152128.jpg


治療後
b0168743_21524123.jpg

# by raishin_clinic | 2014-02-26 22:06 | 患者さんの声
箕輪町 46歳 女性 頭痛 めまい 首の痛み 腰の痛み 交通事故 カイロプラクティック オステオパシー 治療
患者さんの声
箕輪町 46歳 女性 頭痛 めまい 首の痛み 腰の痛み 交通事故 カイロプラクティック オステオパシー 治療
※(掲載に了承を得ております)

 転勤にて、引っ越しを続ける私共にとっては新しい地での治療院探しは大変なことです。今回は良い先生、信頼出来る先生にめぐり合う事が出来まして、らいしん先生には感謝しております。
 少しでも不安を感じることには、詳しい説明をして下さったたり身体の違和感には、納得いくまで丁寧に対応してくださいます。
 こちらへ伺うきっかけになったのは自動車事故でしたが、、それはすぐに回復いたしました。ですが、常日頃身体のケアをお願いしています。こちらに伺ってしばらくは、大変楽に身体が動きますが、2ヶ月程して、いつもと違う・・・と感じるので、すぐお電話して伺います。もちろん、元通りになります。
 気付けば頭痛など、仕方のないことかと思っておりましたのに。それも、いつ痛んだのか覚えていない程です。
 これからも、らいしん先生にお世話になります。
 よろしくお願い致します。

b0168743_204415100.jpg



平成24 12月来院時
・めまい (グルグル回る 3日ほど寝込む) ここ1年間に2回繰り返す。
・頭痛   2~3回/1ヶ月 生理前 天気が崩れる前 いつからかわからないほど昔から

昨日、車をバックでぶつけた後から右の首 右の腰の痛み

交通事故
平成5  交通事故でくも膜下出血 
平成18 車同士 左方から突
平成24 3月に追突された

平成25.12月 来院してちょうど1年がたち
患者さんは最近は変だなと感じるところで来院しています。

腰・首の痛み2回の治療で消失。

以前の寝込んで病むという状態の頭痛・繰り返すめまいは発生していない
2~3回/1ヶ月あった頭痛もいつが最後かわからなくなる

過去受けた交通事故の衝撃は容易に
・首の痛み
・めまい
・頭痛を引き起こします
これから寒くなってきて、凍結した路面で滑って転ぶ等、気をつけていただきたい。
# by raishin_clinic | 2013-12-15 18:47 | 患者さんの声
夜寝ていて足がつる・こむら返りを考えるカイロプラクティック オステオパシー 整体治療

寒くなってきました
主訴で来院するケースは少ないのですが
夜寝ていて足をつる・こむら返りを繰り返し起こす方がいらっしゃいます

足がつるという事の原因として
考えられる事は
①筋肉疲労
②血行不良
・足の冷え
・脱水 汗のかきすぎ
・ミネラルの不足
・血管自体の問題(糖尿病等)

血行不良の対策としては
・患者さんではないのですが、相談を受けふくらはぎにレッグウォーマーを履いて寝てもらい改善した方がいらっしゃいました。ふくらはぎを保温する。
・夜間寝ている間に脱水になってしまうケースがあります。寒くなり、トイレに起きるのを嫌い、水分を控えてしまうからです。睡眠中の脱水は脳梗塞の原因になりえます。水分は不足しないようしたいものです。
・汗をかきすぎて塩分・ミネラル分が体内から不足すると生じるケースがあります。スポーツドリンクを水、又はお湯で薄めて補給することが手っ取り早いです。普段から偏りのない食生活を心掛ける。

③ゆがみによっても生じることがあります
というのも
患者さんは足がつる・こむら返りが主訴では来院しませんが
治療を重ねると足がつる・こむら返りが起きなくなる患者さんは少なくありません
こういった方々、腰・下肢の症状があり、片方側だけ よくつる・よくこむら返りになるという事が多いように感じます。(なかには両方つる・こむら返りになる方もいらっしゃいますが)

・からだの左右の偏り等から片脚への負荷増加
(結果的に片脚の筋疲労増加)
・腰から脚へ伸びる神経が正常に働けていない
(正常に脚に力が入らず結果的に筋疲労増加)
と考えています。
# by raishin_clinic | 2013-12-07 18:31 | 不定期記
季節の変わり目(秋~冬)に急な首の痛み・腰痛増えています。寒さへの対応とゆがみ・緊張

いよいよ今年も残すところ1ヶ月
ツリーをだしてみました
きのこまみれの、きのこツリーです。

b0168743_12151366.jpg



さて、
毎年の事ですが、
初冬(寒くなり始めはからだに負担がかかり)に、急な首の痛みが発生する方が増えます

考えられる理由
①寒くて縮こまり首肩に力が入ってしまう
②着るものが増える
③横向き寝に寝る時間帯が増える(横向き寝が悪い訳ではなく、寝ている時間が増えるということ)
 布団にもぐってしまうと枕が外に置き去りになる
④こたつ

⑤猫等が布団に入ってきて寝返り打ちづらい
 こどもがひっついてきて寝返り打ちづらい
⑥寝具を変える

これらの姿勢の悪化や肩への負担の増加・睡眠中の体への負担に
首肩に存在するゆがみ・緊張が耐えられず痛みを出すと考えられます
というのも
定期的にからだの歪み・緊張を取り除いている患者さんも
定期的な通院前は毎年、この時期に首の痛みが発生していました。
ここ3年ほどは首の痛みは発生していません。

※①、③は自然と防御本能なのでなくすことはできません。
自分で気をつけられるものとしては
②の着るもののなかには、着ていると首肩がこってくるものもあります。
③もぐらず、掛け布団を持ち上げる、もぐるなら枕も忘れないように。
④こたつ の時の姿勢 悪くなりがちです。

# by raishin_clinic | 2013-12-06 12:42 | 不定期記
箕輪町 65歳 女性 腰部 鼠径部 尻 腿 脛の張り・痛み 間欠性跛行 カイロプラクティック オステオパシー

 患者さんの声(掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 65歳 女性 腰部 鼠径(ソケイ)部 お尻 腿 脛(スネ)の張り・痛み 間欠性跛行 手の痺れ めまい カイロプラクティック オステオパシー

 私がらいしん治療院さんにお世話になったのは、左側の下半身の違和感でした。どこが特に痛いとは決まってはいないけれど、あちこちがつっぱる感じで、もう年だからと思っていましたが、始めのうちは週に2回ぐらいに通院させていただき、先生が少しずつ間をあけてみましょうと1週間に1度、2週間に1度となり、約2ヶ月知らず知らずのうちに違和感がなくなり、今では横向きになると左足が、とても痛かったのにいつの間にか全然痛みもなく自然に横向きができる様になりました。
 仕事柄6時間以上立ちっぱなしで、コンクリートの上なので冷えたりして夏でも下半身は冬の格好をしています。仕事の帰りも徒歩30分位ですが、違和感のあった時は途中2〜3回休まないと足が進まない状態でしたが、お陰様でいつの間にか休むことなく帰宅できるようになりました。先生から受けたアドバイスをしっかり守っています。様子を見しながら定期的にお世話になろうと思っております。
 本当にありがとうございました。


・一昨年〜去年に右側に同様の症状があった。
・間欠性跛行(休まないと歩行の継続ができない、脊柱管狭窄症や別の疾患でも生じる)
MRIの進歩で脊柱管狭窄症と言われる人は増えているように感じます。
医者に宣告されていても、実際に間欠性跛行を伴っている脊柱管狭窄症は少ないように感じます。
・左腰 鼠径(ソケイ)部 臀部(デンブ)の張り感で寝れない時がある。
・入眠しづらい、痛み、張り感で目が覚め、最近は殆ど寝れていない。
・仕事中に上を向いての作業でめまいが時々出現
・2〜3年前から右手のしびれ起床時あるときある
・繰り返す顎の痛み

 治療開始から徐々に症状が改善していき
6回目以降、治療7・8回目(治療開始1ヶ月半〜2ヶ月)のときには上記症状の消失。


同じ症状を繰り返し、左右に出現する傾向、腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行
放っておいて進行すると痺れを引き起こす脊柱管狭窄症になってしまう可能性があり、そうなってしまうと厄介です。
 また、手の痺れや上向きの作業で出現するめまいは頚椎症によって引き起こされる症状です。仕事やストレッチ、体の動かし方等気をつけて老化を加速させない・必要以上に自分で老化させない
気をつけていただきたいと思います。
# by raishin_clinic | 2013-08-19 13:14 | 患者さんの声
伊那市 女性 40歳 交通事故 むち打ち 頭痛 首痛 肩痛 尾てい骨骨折 カイロプラクティック オステオパシー

らいしん治療院 患者さんの声(※掲載には患者さんの許可を得ております)
伊那市 女性 40歳 交通事故 むち打ち 頭痛 首・肩の痛み 吐き気 尾てい骨骨折 カイロプラクティック オステオパシー

10年ほど前に車の交通事故によりムチウチになり雨や雪の前になると3日間位体調が悪くなりました。

症状は、肩から上の右か左の半分に出ます。
頭・首・肩・目が痛くなり、ひどい時は吐き気や歯が痛くなることもあり、良くなる事はなく悪くなる一方でした。

きちんと治そうと1年前から「らいしん」に通い始めました。最初は1~2週間に一度から今では1ヶ月に1度になりました。
通い始めたころはよくわかりませんせんでしたが、1年たってみると
「なんか変な感じがするなぁ」と思っても、その程度でその日のうちにやり過ごすことができる日が多くなって来ました。


・交通事故10年前から悪化する頭痛・首の痛み・肩の痛み・目の奥の痛み・歯の痛み・吐き気
・高校1年の時、尾てい骨(尾骨)自転車の転倒・しりもちにより骨折 18~19歳から整体を受ける
・歯のトラブル 多々
・冬の時期は特にひどく地獄のようであったとのこと

院長より
 治療開始し2回の冬を越えましたが、1回目の冬から3日間寝込む事が減ってきて、今シーズンの記録的な寒さでも寝込む事はなくなりました。
 交通事故のむち打ちから頭痛が発生していますが、
最近、医学界でも尻もちによる尾てい骨(尾骨)骨折の体への影響は、頭痛を引き起こす可能性があるということが分かってきました。

この方の場合脳脊髄液減少症とまではいかないにしても、
脳脊髄液の循環が影響を受けいていると考えられます。

脳脊髄液とは

治療によってゆがみ・緊張・過去の衝撃を取り除くことによって、脳脊髄液をスムーズに循環させることが治療の目的のひとつです。


この方の患者さんの声は右側です
b0168743_13461621.jpg



 
# by raishin_clinic | 2013-04-23 13:28 | 患者さんの声
箕輪町 49歳 女性 首の痛みの解消 顔の歪み・ほうれい線の改善カイロプラクティック オステオパシー 整体
 
 らいしん治療院 患者さんの声
(※掲載には患者さんの許可を得ております)
箕輪町 49歳 女性 首の痛みの解消 顔の歪み・ほうれい線の改善 カイロプラクティック オステオパシー 整体


 年始明け早々、朝目覚めた時から何となく右の後ろの首筋がつっぱったような感じを覚え、それにしても寝違いとは少し違う感じがしていたのですが、親戚の病気のお見舞いやらなんやらで忙しく、自分ことはさておいて、そのうちいつか直るだろうと2週間あまり放置していました。

 が、段々と運転時に後ろを向きづらかったり、いつも首をさすっては気持ち悪く思ったりということが続くようになり、整形外科、接骨医、針治療といろいろと試してみたものの、針治療は少しは気持ちがほぐれたのですが、その前に行った接骨医のバキバキいわせる治療が怖くて思い出したり、その時に指摘された姿勢のことが頭から離れず、遂には毎晩寝返りを打つ度に首に痛みを覚えて、寝返りが怖くて緊張して毎晩を過ごすようになっていました。

 これではまずい。とにかく自分の場合は、やわらかくソフトに治療してもらえるところがないものかと、調べ、すぐに電話をしてみました。

 治療はとにかくやわらかくソフトなので、全く怖いことがなくてやっと安心して治療して頂けると思いました。ゆるゆると治療して戴いていると、体も暖かくなり、治療が終わってみると、首のつっぱりがうすれていて、左右をむきやすくなっていました。

 また、日頃の何気ない姿勢の癖、運転時の姿勢、仕事時の姿勢にについても具体的なアドバイスを戴き、それも自分にとって無理なく、自然と直していけるようにアドバイスをしてもらえたのが、とてもよかったと思います。枕も自分が気持ちいいと思える高さでというアドバイスを戴き、それもバスタオル等で調整してくださいといわれたのもびっくりした。とにかく無理なく気持ちよくというというところが嬉しかったです。

 お陰さまで、この首の症状はいつになったら治るのだろうかと、通う前は本当に不安になっていたのですが、通い始めて4回ほどで、首のツッパリ感を忘れることができるようになりました。それでも、放置した期間が長かったこともありますし、癖になっている変な姿勢を直したり、調整のためにも、今後も定期的に治療に行きたいと思います。


院長より
 来院時、三ヶ月経ってよくならず、悪化している状態で、とにかく緊張が強い状態でした。交通事故翌日の患者さんを治療した時もこのような感じでした。首の矯正は適切に行わなければこのような交通事故に似た状態を引き起こす可能性があるということを再認識しました。
痛み・突っ張り感・詰まり感・押されている感じ等々のため睡眠の質が低下して自己回復能力の妨げが強かったです。


 枕を調整することのみによって睡眠の質を変え、痛みを和らげていくことは可能ですが、
枕を調整することのみで痛みがなくなっても根本的なゆがみは改善されず
痛みを繰り返す、または、かばったり、痛みを感じない動き方によって別のところに痛みを引き起こすことになっていくと感じ、的確な治療で根本的なゆがみの改善が必要に感じます。



 こちらの患者さんの 患者さんの声は左側です。
b0168743_15153876.jpg

# by raishin_clinic | 2013-04-04 15:41 | 患者さんの声